一条工務店の進化系

キッチン設計の極意!大人は便利で子どもが嬉しい動線を作る!(一条工務店)

どうやったらキッチンの設計がうまくいくんだろう…

キッチンを贅沢に作ると他を狭くしないといけないし、どこを贅沢にするか悩む…

キッチンを作るポイントって山ほどあって、どこを重視すればいいかわからないですよね。

この記事では、これから子育てをする家族にとって必要な機能を取り込んだキッチン設計をご紹介します。

本記事で分かること

大人が便利な動線キッチン

子供を叱らなくていいキッチン

キッチンは動線が命

キッチンの設計で重要なのは動線です。

なぜならキッチンを便利に使うためには、毎日使う3つの動きがあるからです。

  • 料理動線:シンク・レンジ・冷蔵庫の配置
  • 配膳・片付動線:ダイニングとの動線
  • 冷蔵庫動線:冷蔵庫に行く動線

この3つの動線の配置・距離・通路幅を工夫することで、家族のだれにとっても便利なキッチンの設計ができます。

料理動線

料理の使い勝手はシンク・冷蔵庫・電子レンジの配置で決まります。

シンクの後ろには冷蔵庫を配置します。水回りはまとめると使い勝手が良いです。

加えてシンク・冷蔵庫・コンロを結ぶトライアングルが510cm以内にしましょう。この距離が使い勝手を決めるポイントです。

ポイントは、独立コンセントが必要な電子レンジの配置です。コンセントの影響で入居後に移動しにくいのです。

料理に電子レンジを使う場合はコンロの後ろに配置しましょう。でも、電子レンジは温めたらすぐに食べるだけ、という使い方をするのであればダイニングに寄せたほうが良いです。

つまり、炊飯器やトースターも、ダイニングテーブルの近くに配置すると、おかわりやご飯をよそって直ぐにダイニングテーブルにおける、という動線ができます。

片付け動線

食事を片付ける動線がスッキリすると、子どもたちも片づけを手伝いやすい上に、大人もフォローしやすくなります。

その中で最もオススメはアイランド型キッチンです。動線が左右にあると、家族とすれ違う回数は50%オフになるからです。

加えて、ダイニングテーブルからシンクまでの片づけ動線が短いと、すごく楽です。今まで筆者はI型、対面型(ペニンシュラ型)を経験してきましたが、アイランド型が一番使いやすいです。

一方、アイランド型のデメリットは手元が丸見え、片付いていないことが丸見え、というデメリットがありますが、逆手に取ると…

  • 片付いていないことで片付ける習慣がつく
  • 来客は毎日来るわけではないので気にならない(来客が来ることで片付ける)

というポジティブな面もあります

キッチンタイプ例
簡単な特徴
I型アパートなどで多用。対面式ではないため、LDKのスペースを広く取れる
L型コンロと調理場が近く、少ない歩数で効率的
U型テレビで出てくる料理人のための設計。大人数の調理には最適。
2列型(セパレート型)アイランドとの違いは、コンロとシンクが違う島にあること
アイランド型左右に動線があり開放感がある。
ペニンシュラ型一般的な対面式。建売住宅に多い

冷蔵庫動線

リビングでくつろいでいたら飲み物がなくなって冷蔵庫へ…というシチュエーションがありますよね。

そんなとき、毎回遠回りして冷蔵庫へたどり着くのは面倒です。

どんなキッチンにしても冷蔵庫はリビングやダイニングとの動線を短くしましょう。この動線はメチャクチャ便利です。

もし、対面式にする場合は、キッチンの入り口に冷蔵庫を配置しましょう。

圧迫感・見た目は、冷蔵庫があるからではなく、家具の高さや出っ張りをなくすことで解消できます。

対面式のキッチンの奥に冷蔵庫があると超不便です。

子供を叱らなくていいキッチン

子どもの成長過程で「自分で片付けたい」「手伝いたい」という気持ちが出てきます。

そんな時にオススメなのが、ステンレスシンクです。

子どもが手伝って食器を片付ける際、どうしても身長が足りず、シンクの中に食具を落としてしまうことがあります。

シンクの高さ900、子どもの身長100程度の子が自分で片づけをしている様子です。見えていないところでつま先立ちでプルプルです。

でも一条工務店のステンレスシンクは、静穏性を売りにしているだけあって厚みがあり、振動吸収性があるので、物を落としても凹まないのです。

人造大理石のようにシンクが割れないようにとヒヤヒヤする必要がありません。

実は人造大理石は初めは綺麗で可愛いんですが、物を落とすと割れ、時間とともに黄ばみます。

一条工務店の大人気オプション御影石を選ぶと、ステンレスシンクしか選べません。

でも、御影石は餃子を焼いてはねた油も綺麗に取れますし、御影石の上で子どもと一緒に小麦粉をコネコネして餃子やすいとんを作ることもできます。

御影石と人造大理石の比較
項目御影石人造大理石
高級感実際に値段が高く高級インテリアに合わせやすい(いろんな色がある)
割れ素材が固く割れない反面、食器が割れる食器もシンクが割れることがある
デザイン性天板と必ず繋ぎ目ができる繋ぎ目がなくオシャレ
劣化ほとんどしない。したとしても劣化がわかりにくい模様黄ばみや汚れは避けられない

高級感があるにもかかわらず、一条工務店の御影石はコスパ最高ですし、機能面(長期的に使う目線)からしてもステンレスシンクがベストです。

キッチンとカップボードの距離

一条工務店では、キッチンとカップボードの通路は2種類選択できます。

  • キッチンは壁から1,505mm(通路幅   850mm)
  • キッチンは壁から1,761mm(通路幅1,100mm)
  • その差は約250mm

アイランド型のキッチンにすると、キッチンとカップボードのある通路が動線になるため、広さの確保は必須です。

実際、1,761mmではすれ違っても全くぶつかることはありません。

一方、親世帯は間取りの都合上、ペニンシュラ型を選択したため1,505mmを選択しましたが、シンク前が動線ではないので、1,761mmなくても、狭さは感じません

1年暮らしてみましたが、この選択に後悔はなく、使い勝手良く生活しています。

created by Rinker
¥38,500
(2020/10/01 22:35:17時点 楽天市場調べ-詳細)

オススメのオプション

一条工務店の水栓は、オプションでタッチレス水栓(LIXIL SF-NB451SX(N)U-IJK:約14,000弱)を選べますが、追加で約8種類の選択肢があります。

結論から言うとLIXILナビッシュA9もしくはA10タイプが絶対的にオススメです。

ちょっとケチった筆者の数少ない後悔ポイントになっています。

B9タイプとの差は自動センサー(ナビッシュハンズフリー)。手やモノを感知して吐水と止水を行う自動センサーで、蛇口の下に物体を持っていくと自動で吐水する機能です。

老人も子どももも、タッチレスの感知部分に「タッチして、センサー部分が超汚れます。

一条工務店キッチンの選択肢

一条工務店にはキッチンの選択肢が3つあります。

  • スリムカウンター
  • ワイドカウンター
  • ステップカウンター

子育て世帯はワイドカウンターがオススメです。

ステップカウンターを選ばれる方は「子育て」や「勉強」をメインに考えているのではないでしょうか。

リビング学習はで親が目の前(正面)にいると集中できないこともあります。

近くにいるのは良いですが、正面ではなく側面にいてあげることが良い距離感とされています。

勉強はテーブルや、一時的(小学生の間だけ)にリビングにテーブルを置くことで対応可能なので、約10年しか使わないのであれば、後で変更できる間取りにしておくべきです。

キッチンの種類
種類メリット
スリムカウンターカウンターがない分LDKを広く取れる
ワイドカウンター料理や食器の一時置き場としては大活躍
ステップカウンターキッチンの目の前で食事や勉強ができる

まとめ

キッチンの設計は、キッチンだけでなくリビングやダイニングとの動線まで考えてすることが成功のカギです。

区分オススメ
他エリアとの動線冷蔵庫動線、片付け動線を考慮
生活動線(通路)アイランド型の場合は通路幅1,100mmを選択
キッチン動線(配置)「コンロ」「シンク」「冷蔵庫」「電子レンジ」の動線距離合計は510㎜以下
シンク御影石+ステンレスシンク
水栓A9かA10の自動センサー(ナビッシュハンズフリー)を選択
その他アイランド型・ワイドカウンター

キッチンの間取りが新居の満足度をグッと上げる大きな場所になるので、ぜひ重点的に設計しましょう。

入居宅訪問

注文住宅は奥が深い

ご紹介してきた通り、一条工務店の住宅は高性能ですが、単純に建てるだけでは性能を活かしきれません

住宅は、3回建てないと満足した設計にならないと言われています。

家を建てるというプロセスの中で学べる事も多く、建築前の勉強には膨大な時間がかかります

家の建築に勉強は必須

  • 動線を活かした間取り設計
  • 全館冷房が可能な設計
  • 痒い所に手が届くコンセント配置
  • 設置場所次第で超便利な照明
  • 昇降しやすいポーチ階段の高さ
  • 外からの目線が気にならないフェンスの高さ
  • 害虫発生やコケが生えない外構設計
  • 2階のホームシアターが1階に全く聞こえない音コントロール

等々、ポイントを抑えて設計すれば、満足のいく住宅を建てることができます。

勉強の時間が取れなくても学べるか?

その答えはYesです。

勉強した人にレクチャしてもらえばいいんです。

話を聞きたい方はこちら

ブログを読み漁るにはメチャクチャ時間がかかります。話を聞くほうが情報量がハンパないです。

おそらくブログを読んで学ぶには1か月かかりますが、知ってる人に教えてもらえば2~3時間で済みます。

費用は不要(一条工務店から寸志)です。

体力的につらくなったらやめるかもしれませんが、素敵な設計をするために、少しでも力になれればと思っています。

我が家の特徴

  • 東京都練馬区
  • 34坪
  • 3階建て
  • 完全分離2世帯住宅