一条工務店の進化系

ママ友の新居訪問で褒められた3つのこと。

こだわって作った注文住宅も出来上がってみると、外見は普通の家にしか見えません。ただママ友は、嬉しいことに遊びに来てくれました。

そんな中、ママ友が新居で「これ(・∀・)イイネ!!」と言ってくれた意外な3点をご紹介したいと思います。

新築かどうかは関係ない部分でしたが、それだけモノをすっきり見せるということは大事なんだと思いました。

第1位 ラダーラック

新築によくあるニッチ。我が家を建てた一条工務店にもリモコンニッチSがありますが、耐震、動線、将来的な移動を考え、導入しませんでしたが、子どもが小さいときは便利なので、ラダーラックを購入しました。

ダイニングテーブルの近く
  • 小学校からのお知らせ
  • 充電ステーション
  • 電話等々
学習机
  • 九九などの張り紙
  • タブレット学習の充電等々

 

見えにくいですが、学習机前のラダーラックの隙間にきっちりコンセントが収まってくれています(高さは「1,000」です)

第2位 ルータ収納

3world ルーター 目隠し 壁掛け 収納 インテリア ボックスです。アマゾンアソシエイトは不合格だったのでアフィリエイトではありません…

どうしても配線がごちゃごちゃになりがちなルータは、非常にチャッチイですが、あるのとないのではすっきり差がだいぶ違います。ちなみにアマゾンの評価が非常に悪いのは、今にも折れそうな木とは言えない素材のせいかと思います。

 

第3位 帽子ラック

IKEAのTJUSIG シューシグです。

我が家は帰宅動線に設置していますが、洗濯物が多いときには物干しとしても使っています。また来客動線にもなるので、お客さんが来た時には、お客さんのコート掛けにもなります。

ママ友目線

というわけで、高気密高断熱住宅を建築し、設計士すら知らない除湿できる間取りにしたにもかかわらず、ママ友の目線は部屋のスッキリアイテムでした。

目線が違うと興味が違うのは今も昔も同じこと。

良くも悪くも、どんな家庭でも実践できる褒められたポイントの紹介でした。気軽にLDKすっきりできると思いますので、参考にしてもらえると嬉しいです。