一条工務店の進化系

ロスガード90の本当のデメリットはコレ!音以上の問題点に要対策!

一条工務店は「熱交換型」で「高性能フィルター」を備えた「ロスガード90」が標準装備し、最大90%の温度交換効率の全館空調です。

でも、家の中で花粉症の症状が出るんだけど、ロスガードは本当に家の空気を綺麗にしてくれているのかな?

こんな疑問にお答えします!実は、ロスガードの給気口にPM2.5対応フィルタを設置してみたところ、信じられないほどフィルタが汚れてしまったんです。

本記事で分かること

  • 自宅の空気の綺麗さを確かめる方法
  • もし綺麗でなかった場合の対処法

ロスガード90の機能改善

一条工務店のウリでもあるロスガード90。実は空気清浄機能は弱いんです。

せっかく新築した家に綺麗な給気を供給するにはSA(給気口)にPM2.5対応フィルタ(高性能フィルタを設置すると良いです。

フィルタを設置すると、花粉症の時期にアレルギー反応が減るだけでなく、乳幼児のいる家庭でも安全に生活することができます。

ロスガードの性能

ロスガードは換気機能と熱交換機能の2つの機能があります。

  1. 家の中に酸素を送り込む換気機能
  2. 空調した室内に、直接外気を入れずに省エネにする熱交換機能

ロスガード90の中には換気を目的にしたフィルターが設置され、2種類のフィルター(通常orPM2.5対応)を選べます。

しかし、ロスガードにPM2.5対応フィルタを入れると、電気代増・騒音増のデメリットがあります。

そのため、通常フィルタが空気清浄してくれることが望ましいのですが、ロスガードの換気性能をご紹介しましょう。

ロスガードの問題点

ロスガード90を通常フィルタにして、給気口にPM2.5対応フィルタを設置してみたところ、写真の通り、約2週間~約1ヵ月で真っ黒くなります。

ロスガード フィルター

次にロスガード90にPM2.5対応フィルタを設置して、給気口にもPM2.5フィルタを設置してみました。

ちなみに一条工務店純正のPM2.5対応の高性能フィルタは、花粉・カビの胞子・黄砂は99%捕集、PM2.5は95%捕集とされています。

その結果、1か月でグレーに、3カ月では真っ黒になりました。

つまり、単純にロスガードのフィルタをPM2.5対応をしても4つも問題点を抱えています。

  • ロスガード90のフィルタをPM2.5対応にしても綺麗にしきれない
  • 騒音が大きくなる
  • 電気代がかかる
  • 営業担当も現場監督も、この事実を知らない

騒音も電気代も気になる。でも、それより空気も綺麗にしたい…

だからこそ、SAのキャップの中にフィルタを設置するべきなんです。

SAの外側に設置しようとすると、フィルターの素材の問題もあり、風量で剥がれて落ちてしまいます。そのためSAのキャップの中に設置してみましょう。

左回りで外れます。

ロスガード フィルター 内側 ロスガード SA

これでロスガードの負荷問題は解決できます。

おすすめのフィルター

一条工務店の高性能フィルタはPM2.5を95%捕集するとされているので、SAに設置するフィルターは、一条工務店フィルタで捕集できなかった汚れをキャッチできる性能が必要です。

実際に利用していたフィルタは3M社のフィルタレットです。エアコン用にロールでも売られていて、非常にコスパが良かったのですが、残念ながら2019年秋に生産中止が発表されました。

1ロールは通常2,000円代前半の商品でしたが、20,000円超の価格になっています。

そこで、現在、筆者は7種類のPM2.5フィルタを性能検証中です(2020年6月現在)。

結果が出たら最もコスパが良いフィルターをご紹介する予定です。

対策のまとめ

ロスガードのフィルタをPM2.5対応+給気口にPM2.5対応フィルタをしても、約2カ月程度で給気口のフィルタは真っ黒くなります。

各家庭のポイントで、設置はカスタマイズ可能です。

ポイント対策
ロスガード90SA(給気口)
コスパ重視通常PM2.5対応
手軽さ重視PM2.5対応なし
空気清浄重視PM2.5対応PM2.5対応

これだけ売れている住宅メーカーが「空気が綺麗」というのだから「空気は綺麗なはずだ」という思い込みから、この事実に気づいていない施主は多いと思います。

WEBページには「家中どこでも快適な温度が保たれて、新鮮な空気が流れる環境。」と謳っているわけです。

筆者も初めは「故障だ」と思いましたが一条工務店のロスガード90の仕様なので、最善の改善策を実施しましょう。

花粉症や黄砂の時期だけでもに、フィルタ設置がオススメ

3度建てなければ、本当に気に入った家は建てられない…のか?

巷では「3度建てなければ、本当に気に入った家は建てられない」と言われています。

しかし実際は3度も建てることはできないですし、建てた住宅を売っても大きな利益にはならず、財産は減っていってしまいます。

だからこそ、「家は性能」を謳っている一条工務店を検討されていると思いますが、必ずしも快適な生活を送れるわけではありません。

なぜなら、一条工務店は家の性能に特化してしまっているが故に起きてしまっているのです。

例えば、住む人のことを考えてみると…

  • 梅雨にも除湿されて快適な空間で生活したい
  • 掃除が大変だから埃が積もらない巾木にしたい
  • 二世帯住宅で足音が気になるから、足音に配慮したい

こんな部分まで配慮はされていません。

設計でいうと…

  • 動線を活かした間取り設計
  • 全館冷房が可能な設計
  • 痒い所に手が届くコンセント配置
  • 設置場所次第で超便利な照明

あくまで施主の希望に沿って設計するだけなので、生活視点のアドバイスをしてくれるわけではありません。

外構でいうと…

  • 昇降しやすいポーチ階段の高さ
  • 外からの目線が気にならないフェンスの高さ
  • 害虫発生やコケが生えない外構設計

外構設計は一条工務店提携業者に丸投げで、とにかく普通に施工するだけ、工夫も何もない業者が多いコトもよくある話です。

家を建てるあなたの目的は?

このように、一条工務店の「家は性能」は、断熱性能はピカイチであるものの、性能に特化したことしか考えていません。

その性能を活かして快適な生活を送ることが施主の目的のはずです。

ただ、これらの知識は、家を建てるというプロセスの中で学べる事も多く、建築前の勉強には膨大な時間がかかります

勉強の時間が取れなくても学べるか?

その答えはYesです。

勉強した人にレクチャしてもらえばいいんです。

話を聞きたい方はこちら

※すでに一条工務店展示場に行って営業担当がついている場合、一条工務店を経由してお越しいただくための情報をお伝えします

ブログを読み漁るにはメチャクチャ時間がかかります。話を聞くほうが情報量がハンパないです。

おそらくブログを読んで学ぶには1か月かかりますが、知ってる人に教えてもらえば2~3時間で済みます。

費用は不要です。体力的につらくなったらやめるかもしれませんが、素敵な設計をするために、少しでも力になれればと思っています。

我が家の特徴

  • 東京都練馬区
  • 土地34坪
  • 3階建て
  • 全延床160㎡(親:60㎡、子100㎡)
  • 完全分離2世帯住宅

完全分離二世帯住宅や、一条工務店の三階建てを見てみたいときはこちら