一条工務店の進化系

先入観はダメ!洗面所の間取りはリビング動線上への配置がベスト!

帰ってきたときの手洗いや朝起きたときの洗顔、寝る前の歯磨きの動線を考えると、洗面の設置場所は浴室前じゃなくなるんだよな…

洗面は普通浴室とセットでしょ?浴室以外の配置は想像できない…

注文住宅・リフォームで一番悩む「間取り」。一番中心に考えるのはキッチン・LDKのため、「浴室・脱衣所・洗面は1か所に集めるのが当たり前」という先入観はありませんか?

賃貸でも分譲住宅でもよくある浴室の手前は「脱衣所兼洗面所」は、実は非常に使い勝手が悪いんです。

本記事で分かること

  • 洗面台の用途
  • 洗面台の設置場所
  • 生活動線の多彩な種類

洗面所の置き場所は動線で決める

結論からお伝えすると、洗面は帰宅動線+就寝動線上への配置がベストです。

具体的にはLDKの入り口の外or中となります。

帰宅動線だけでなく就寝動線も配慮する

動線の種類は大きく2つに分けられます。

  • 生活動線
  • 家事動線

でも、これはもっと細分化できます。

生活動線帰宅動線
就寝動線
食事動線
入浴動線
トイレ動線
くつろぎ動線
来客動線
子ども動線
家事動線洗濯動線(洗う・干す・乾かす)
料理動線(帰宅時の収納・料理・食事後の片づけ)
掃除動線(掃除機の場所)
ごみ捨て動線

入浴動線を考えると、洗濯機は浴室前に置く必要があります。脱いだら入れて洗うという流れになるためです。

しかし、洗濯機と洗面台を近くに置く理由がないのです。

洗面所を利用するときの動線を考える

実は、お風呂を入るときに洗面台は利用しません。洗面台を利用する主なシーンは4つほどあります。

  • 朝起きて顔を洗う、歯を磨く
  • 帰宅した時、手を洗う
  • 寝る前に歯を磨く
  • トイレの後に手を洗う

つまり、メインでは起きた直後寝る前帰ってきたときに利用します。

こうすることでひらけた場所に設置することができ、回遊動線になることで、洗面で渋滞する場所を減らすこともできます

もちろん誰かがお風呂の最中に歯を磨くこともできます

しかも!トイレはLDKの中にないことが多いですよね。友人が遊びに来てトイレに入った後、LDKに戻ってくると思います。

その動線上に洗面があることで、トイレの中にわざわざ独立した洗面を置く必要がないです。

加えて子どもが小さいときは、外で遊んで帰って来ると泥だらけであることは当たり前ですが、普通に歩いているだけで石やガードレールや花や…何もかも触ります。

その手でバイ菌をまき散らすと、兄弟姉妹が具合を悪くすることもあるので、手洗い・うがいは習慣づけたいところです。そんなとき、帰宅動線上に洗面台があると忘れようがありません。

もちろん、玄関先に小さな洗面を用意できるご家庭もあると思いますが、通常、洗面台は一家に一台であり、その理由は面積の有効活用です。

仮にその1台を玄関に洗面を配置してしまうと、顔を洗ったり歯を磨くことが面倒になってしまいます。

では、洗面がLDKの近くにあるデメリットはないでしょうか。

洗面が廊下にあることのデメリットは?

もちろん、通路に洗面台があったらフローリングが濡れて、将来的に腐ってしまう、と思うかもしれません。そこでオススメしたいのがフロアコーティングです。

実は我が家は2名の男児(入居当時は2歳と6歳)がいたにもかかわらず、脱衣所もトイレも全て「フローリング」にしました。

そもそも理由としては、

  • クッションフロアの方が腐りやすいことを知っていた
  • クッションフロアの施工は巾木との継ぎ目の施工が雑になりがち
  • フロアコーティングする前提だった

ということで、フロアコーディングを実施した結果、フローリングが濡れて変色をする、腐る等の事象は起きていません。リビングから一続きのスペースに大満足です。

フロアコーティングに関しては、子どもたちの遊びによって発生するおもちゃの落下による凹みや傷に関しては有効ではありませんが、濡れ汚れについては、非常に有効です。

テーブル周りに食べこぼしや汚れについては、本当に掃除が楽です。「あれ?ヤバい」と思っても、激落ちくんで軽く撫でるだけで綺麗さっぱり跡形もなく汚れが落ちます。

間取り例

我が家は上でご紹介した間取りと、下の間取りで悩みました。

下の間取りは、子どもが小学生までに有効なパターンです。

小学生の時期は少ないのだから、生活動線を優先させる場合は、洗面台は全ての動線上への配置があります。

まとめ

改めて、日本の間取り図を見れば見るほど、「洗面台の配置場所は浴室と一続き」という先入観を植え付けられているとしか言いようがありません。

間違いなく便利そうだけれども、本当にそう配置して問題ないのか、みんなが浴室の前に洗面を配置しているのには何か意味があるのではないか、と不安になると思います。

間違いなく洗面は帰宅動線上と就寝動線上にあるのが便利

生活の動きを趣味レーションし、ぜひ「使い勝手のいい」レイアウト・間取りを作れることを願っています。

入居宅訪問

注文住宅は奥が深い

ご紹介してきた通り、一条工務店の住宅は高性能ですが、単純に建てるだけでは性能を活かしきれません

住宅は、3回建てないと満足した設計にならないと言われています。

家を建てるというプロセスの中で学べる事も多く、建築前の勉強には膨大な時間がかかります

家の建築に勉強は必須

  • 動線を活かした間取り設計
  • 全館冷房が可能な設計
  • 痒い所に手が届くコンセント配置
  • 設置場所次第で超便利な照明
  • 昇降しやすいポーチ階段の高さ
  • 外からの目線が気にならないフェンスの高さ
  • 害虫発生やコケが生えない外構設計
  • 2階のホームシアターが1階に全く聞こえない音コントロール

等々、ポイントを抑えて設計すれば、満足のいく住宅を建てることができます。

勉強の時間が取れなくても学べるか?

その答えはYesです。

勉強した人にレクチャしてもらえばいいんです。

話を聞きたい方はこちら

ブログを読み漁るにはメチャクチャ時間がかかります。話を聞くほうが情報量がハンパないです。

おそらくブログを読んで学ぶには1か月かかりますが、知ってる人に教えてもらえば2~3時間で済みます。

費用は不要(一条工務店から寸志)です。

体力的につらくなったらやめるかもしれませんが、素敵な設計をするために、少しでも力になれればと思っています。

我が家の特徴

  • 東京都練馬区
  • 34坪
  • 3階建て
  • 完全分離2世帯住宅