一条工務店の進化系

全館冷房★エアコンの設定方法 7つのポイント

こちらの記事で室内の除湿を最も効率的にできる家電はエアコンだというご紹介をしました。

では、エアコンで「除湿ボタン」を押せば、室内は除湿し続けられるでしょうか。答えはNoです。

この記事では、たくさんの全館冷房(=全館除湿)の先駆者が公開してくれた情報をまとめました。

理論面倒全館冷房(全館除湿)やり方だけ知りたい、というあなたに向けた記事になります。3分で読めますが、それも面倒というあなたは「まとめ」だけ読んでください。10秒で読めます。

おさらい

全館冷房(除湿)に必要な前提条件をまとめました。

設置場所

大きな表現でいうと「温かい空気が溜まる場所」です。エアコンは設定温度に達すると冷房(除湿)の運転を止めます。

冷房(除湿)運転を続けるためには湿った暖かい空気を常に供給する必要があります。

バランス釜でお風呂を沸かすと熱いお湯は上、冷たい水は下にあるように、温かい湿った空気は上昇します。

つまり、具体的には「階段の登り切った場所」なのです。

階段に窓がついていて、日射熱で階段を暖めてくれる設計も良いと思います。

日射熱制御

春から夏にかけて家の中に入ってくる熱の60~70%が窓からと言われています。

窓から熱が入ってくると室内(壁に利用されている石膏ボードに含まれる水)は蓄熱し、夜、エアコンを止めると蓄熱で熱帯夜になります。

壁は火災の際、延焼を止める役割から、必要な水分というわけです。

 

サンシェードをし、窓の外で日射熱をカットすることが重要です。日射熱を甘く見てはいけません。サンシェードなしの窓を触った時の熱さと、サンシェードありの窓を触った時の熱さは全然違います。

サンシェードの設置、オススメサンシェードについてはこちらの記事をご覧ください。

エアコンの設定

設定温度

運転設定「冷房」です。「除湿」ではありません。

除湿をする方法は、単純に「冷房」です。エアコンの中にあるアルミフィンを冷やし、エアコン内で結露させた水分を室外に捨てているだけです。

また、エアコンは設定温度に達すると冷房を止めるので、低めの設定にする必要があります。(低い温度設定にしたから、速く冷えるのではありません)

前置きが長くなりましたが、季節によって室内の温度が違う(設定温度に達すると冷房が止まる=サーモオフという)ため、設定温度例は以下の通りとなります。

春(梅雨前)冷房22℃
夏前(梅雨~)冷房23℃
冷房24℃

あくまで目安なので、地域やあなたのご自宅の状況によって微調整をしてください。

風向き

その機種で出来る限りの「真下」に近い位置にしてください。

除湿された空気を再びエアコンに吸い込ませることは無駄だということ、エアコンの上部についている吸気口に、暖かい湿った空気を吸い込ませるルートを確保させるためにも「最下部」の設定が推奨です。

風量

風量は「最弱」です。なぜなら、目的は室温を冷やすことではなく、「除湿」だからです。

むしろ風量が多く室内が先に冷えてしまうと、紹介した通り、エアコンの運転が止まります(サーモオフ)。止まれば除湿が止まります。

つまりできるだけ室温を下げたくないのです。

工夫

これまで紹介してきた通り、除湿をするためには「室温を低くしたくない」ということがポイントだとわかっていただけたと思います。

それでも「室温が低くなってしまう場合」の対策が、「エアコンの吸気口にフィルターを設置する」なのです。

エアコンの吸気口にフィルタを設置すると、エアコンを通過する空気がゆっくりになります。アルミフィンは当然、冷えます。ゆっくり通る空気は除湿が進み、吸気が少ないために冷えた空気も少ないということでしょうか。

エアコンが除湿できているかの確認方法

絶対湿度の確認

結論から言うと、エアコンから出てくる空気が絶対湿度が12g以下になっていれば、除湿できていると考えて良いでしょう。

絶対湿度はこれで測りましょう。(絶対湿度とは、室温に左右されずに湿度を測る方法です)

この時点で「10.2g」と、12g以下となっています

相対湿度(よく見かける湿度〇〇%)とは、温度によって含まれる水分量が違うので、除湿されたかどうかは、温度によって左右されない「絶対湿度」の方が簡単に空気中の水分量を把握できます。

温度20℃10℃
相対湿度55%100%
絶対湿度9.4g9.4g

→相対湿度が違っても、空気中に含まれる水分量は同じ

良く分からない場合は、みはりん坊を購入し、エアコンの空気の出口に設置し、12g以下が表示されるように冷房の設定温度を調整する、だけで良いです。

12gを超したとき

妻に「絶対湿度が12gを超えたら除湿できていないと思って」と伝えたところ、「そうなったらどうすればいいの?」と聞かれました。

対策は3つあります。

  • 除湿(再熱除湿モード)を使う(エアコン内で冷やしで除湿した後、空気を温めて室内に戻すモード)
  • 設定温度を下げる
  • 送風にする(室温・湿度共に快適の場合、止めるとエアコン内に水が残りカビの原因となるので送風でエアコン内を乾燥させる)

上2つの場合、ちゃんと12g以下になるか確認しましょう。

稼働期間とメンテナンス

稼働期間

いわゆる24時間つけっぱなしです。その目的は、「蓄熱対策」です。

エアコンをつけている日中は涼しいが、夜にタイマーで2時に消すと、3時には熱帯夜になっている、というアレです。

24時間室内を一定温度の保つことによって、室内の壁(石膏ボードに含まれる水)も一定温度に保つことで、外気が急に暑くなっても、室内が急に暑くならない、というわけです。

付属として、家電は全てそうですが、稼働開始に一番大きな電力を必要とします。付けたり消したりしても、結果的に、そこまで電気量に影響しません。(そこまで、というのが人によって感覚が違うと思いますのでご注意ください)

メンテナンス

秋に冷房を終了させるときは必ず12時間以上は送風を実施してください。

エアコン内の水分、水を外に出すためのダクトの空気を乾かし、カビを発生させにくくするためです。エアコンによってはリモコンに「送風」がないケースがあります。

ちなみに我が家の日立のエアコンのリモコンには「送風ボタン」がありません

送風設定方法(機種によって送風設定方法がだいぶ違います)

  • RAS-XJ22H~XJ90H2:リモコンを開いて「イオン空清」を押す。
  • RAS-E22H~E40H2:設定温度を32℃にして、「冷房」運転にする。

まとめ

エアコンによる全館冷房(除湿)を実施するポイントをまとめました。裏に理屈はたくさんありますが、すべてをまとめると、この7点のみです。

設置場所階段の登り切った場所・温かい空気が集まる高い場所・窓から日射熱が入る場所
運転設定冷房 (除湿ではない)
設定温度春(梅雨前)は冷房22℃、夏前(梅雨~)は冷房23℃、夏は冷房24℃ (室温が冷えるときは再熱除湿※)
風量・風向き最弱一番下向き
工夫春~梅雨の冷房運転時は、エアコンの吸気口にフィルタを設置
確認エアコンの吹き出し口からの空気が「絶対湿度12g以下」
期間春~秋は24時間エアコンをつけっぱなし

再熱除湿モードがあるのではなく、再熱除湿機能のあるエアコンで「除湿をする」ということです。

エアコンを自動運転、24時間冷房28℃設定はNGです。全館冷房になったとしても、全館除湿になりません