健康・ダイエット

<ダイエットに最適>イヌリン(菊芋)サプリが腸活に最強

  • ダイエットに効くサプリメントは何かな?
  • 美容に良いサプリメントはどれかな?
  • 腸活に良いのはどんな乳酸菌かな?
  • でもサプリばっかり飲んでも、お金ばっかりかかって、本当に効くのかな?

そんな疑問にお答えします。

本記事の内容

  • 糖質ダイエットに最適
  • 腸活にも効果的
  • 美容もサポート

これら全てに当てはまる1つのサプリメントをご紹介します。

筆者は15年以上かけて様々なダイエット方法を試した結果、
40歳直前で、たった2カ月体脂肪率14%から7%まで落とすことができました。

その結果わかったことは、健康的にダイエットして美しくなるには、「ダイエット理論が大切」ということです。

そこで今回ご紹介するのは、糖質制限+腸活の両方を兼ね備えたサプリメントです。

実際に「体脂肪減が止まらずに怖い」と思ったほどの効果があったので、

手軽にダイエットをして、結果的に健康や美容を手に入れたいという方は、ぜひ記事をご覧ください。

ダイエットの究極理論

初めにキツイことを言いますが、そもそもダイエットを成功させるためには、理論+根性が絶対的に必要です。

ただ、理論が分かって2週間~1ヵ月すれば、確実に効果が出るので、根性出して頑張るのはこの期間だけです。そこを乗り越えれば、継続は楽になります。

要は行動すれば結果が見えるので、面白くなって、ドンドン痩せるというわけです

しかも理論なんて大げさに言っていますが、文字にするとすごく当たり前で簡単なことなんです。

  • 炭水化物を食べる量を減らす
  • 食事はヨーグルトか野菜から食べ始める
  • 摂取カロリー<消費カロリー
  • 運動は、歩く(1日30分程度)

これを継続できるかどうかだけ、です。

でも飲み会の付き合いもあるし、家族と同じ食事を摂らなければいけない

そんなあなたに、とっておきのサプリメントをご紹介します。

イヌリンの効果が凄い

料亭に行くと、「お食事」として「ご飯」がシメに配膳されます。

実は、炭水化物を最初に食べると血糖値が急激に上昇するため、血糖値を下げるためにインスリンが分泌されますが、端的にいうと、インスリンは血糖を脂肪に変えて血糖値を下げます。

つまり、炭水化物を食べると、「血糖値が上がり、脂肪になりやすい」ため、血糖値を上げないことが重要になってきます。

そこで!!血糖値を上げないために提唱されたのが食べる順番なんです。

  • ベジファースト
  • ヨーグルトファースト
  • プロテインファースト

これらはほぼ同様の動きをしますが、そこまでできないという人のために「サプリメントで血糖値が上がらないようにしちゃえばいいジャナイ?」と考えられたわけです。

そこで注目されているのがイヌリンなんです!臨床結果で出ている結果が凄いんです!

これは、普通に出ている結果ですが、もっと騒がれていい結果なんです。実は、下の図にも紹介した通り、「糖吸収を抑える!」と言われている天然植物「サラシア」由来のサラシノール、難消化性デキストリン(食物繊維)のサプリメントの結果を、イヌリンは遥かに超えた効果があるんです!!

<サラシノールは誤差くらいしか変化がない>

しかも!下の表からわかるように、ベジファーストやヨーグルトファーストの血糖値上昇を抑える検証結果に対して、同等の効果があることも、表から読み取れます。

急な飲み会のとき、「先にヨーグルト食べれない!!」なんてときにイヌリンのサプリメントを飲んでしまえば、糖の吸収=脂肪への変換を抑えられるんです!!!


腸活に効果的

ダイエットは腸の調子に大きく左右されることはご存じの通りだと思います。この良くわかりにくい「腸の調子」というのは、大きく2つに分類されます。

  • 善玉菌を増やす
  • 便秘を解消する

この2つがダイエットや美容、体調や、アレルギー体質にまで影響しています。実は、今、アトピー性皮膚炎は皮膚科で治すのではなく、胃腸科で治す病気になっています。

それくらい「腸」の調子というのは体全体に影響します。筆者も飲んでいますが、ビックリするほど快腸になります。

 

では、どうやって腸の調子を整えるかをご紹介していきましょう。

善玉菌(ビフィズス菌)を増やす

善玉菌を増やせばいいなんてわかってるけど、どうすればいいの?

そうなんです。どうすればいいのかが分かりにくいんです

最新の研究結果では、腸内細菌の理想のバランスは善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7」のバランスが理想といわれています。大多数を善玉菌にする必要はないんです。

そして、特に重要な善玉菌は「ビフィズス菌」と言われているんです。では、ビフィズス菌を増やすために、腸まで生きて届くビフィズス菌のサプリメントが最強なんだ!と思うかもしれませんが、最新の研究から、それが間違った認識であるということも判明しています。

つまり、腸にいるビフィズス菌を活性化させるには、1日1兆個のビフィズス菌のエサ(乳酸菌生産物質)が必要なんです。

このイヌリンは、腸に運ばれると「フラクトオリゴ糖」に分解されて、あなたの腸内にもともと存在し、あなたに適した善玉菌(ビフィズス菌など)のエサになり、ビフィズス菌を応援してくれるんです。

実は、光英科学研究所が約40年以上前から研究をはじめ、約20年前に16種・35株の乳酸菌・ビフィズス菌群(乳酸菌生産物質)を作っていて、今売られている多くのサプリメントに組み込まれています。(16種・35株のキーワード)

その光英科学研究所がオリジナルの商品を出しているのが複合乳酸菌生産物質 ビファイン(16種類の乳酸菌+ビフィズス菌配合)なんです。

created by Rinker
光英科学研究所
¥8,599
(2020/07/03 23:19:54時点 Amazon調べ-詳細)

食物繊維で便秘解消

これまでご紹介してきた通り、イヌリンは、糖の吸収を抑え、善玉菌(ビフィズス菌)のエサとなり、2つの効果があるんです。

しかし!イヌリンの効果はコレだけではないんです!

参照:フジ日本精糖株式会社

乾燥菊芋は約60%がイヌリン(水溶性食物繊維)を占めていて、野菜の中で、イヌリンの含有量はトップクラスです。

食物繊維には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」があり、便通改善に向いているのは「水溶性食物繊維」なんです。(不溶性食物繊維は腸を動かす働きをします)。

つまり、水溶性食物繊維が豊富で便通に効果があり、美容にも良い、ということなんです!

イヌリン配合のサプリメント

では、イヌリンを多く含む食材は?というと…「菊芋」なんです!他の食材と比較してみると、非常に多いのが良くわかります。

菊芋約18g~20g程度(100gあたり)
にんにく約12g~13g程度(100gあたり)
玉ねぎ約4g~5g程度(100gあたり)

そこでイヌリンを凝縮したのが、金の菊芋なんです!筆者も旅行先で菊芋そのものを購入して食べたことがありますが、味はほぼ無味ですが、独特の香りがあります。実はサプリメントも強烈な匂いがあります(正露丸ほどではありません)。まさに菊芋が詰まったというのは嘘偽りないサプリメントになっています。

「これでもか」というくらいパーフェクトに詰め込んでいます!ダイエットだけでなく血糖が気になる方や便秘が気になる方へプレゼントしても喜ばれる機能性食品です。

  • 医師が監修
  • 日本初となる機能性表示食品
  • モンドセレクション受賞
  • 純国産(九州産100%)
  • 臨床試験済み
  • 残留農薬検査済み
  • 重金属検査済み
  • 30日利用し効果の実感がなければ全額返金
  • 必須アミノ酸・準アミノ酸をバランス良く配合
  • 血糖値を気にしている方からの人気No.1(日本トレンドマップ研究所調べ)