健康・ダイエット

デスクワークの方必見!継続できる足のむくみ解消方法とは?

朝から仕事をして、さぁ帰ろうとなった時、アレ?足がむくんでる…ということはないでしょうか?

気になって靴下をめくってみると、くっきり跡がついていて、帰るのも足がだるくてしんどい…ということはないでしょうか?

その一方で、足のむくみを治そうと思っても、どの情報も同じ事ばかり書かれていて、

  • もしかしたら病気かもしれないので、まずは通院
  • 水は飲みすぎも飲まなすぎもダメ
  • アルコールの飲みすぎもダメ
  • お風呂に入ってマッサージ
  • テレビを見ながらマッサージ
  • ずっと座っていたらダメ

どれも「わかっていても継続できない…」となりがちです。

この記事では、どのようにしたら「むくみ対策を継続できるか」に絞ってご紹介します。

むくみの仕組みと原因

むくみの原因や仕組みは他の情報を見ていただいたほうが詳しく載っています。(オムロンさんの記事がわかりやすいです)

この記事では、そんなことはどーでもいいから、早くむくみをとる簡単な方法を知りたい、というあなたのためにあります。

簡単に説明すると、以下の通りです。意外と単純。

  1. 腎臓等の病気を疑う。検査結果が問題なければ…
  2. 立っていると重力で、座っていると太ももが曲がっていることで、
  3. 血液とその水分が心臓に戻れずにたまることでむくむ、ということです。

これを、解消すればいいんですね!

この記事で焦点を当てている②と③について、どうやって解消するのかご紹介します。

デスクワークのあなたにオススメする解消法

むくみに悩んでいる場合は、「筋力をつける」「歩くようにする」「長時間同じ姿勢でいない」ことが対策ですが、もっと具体的に継続できる対策方法をご紹介します。

ライフログを購入しよう!

え?と思われるかもしれませんが、ちゃんと理由があります。

一定時間動かないバイブレーション機能お知らせしてくれる機能付きのライフログを購入しよう!」ということです。

Fitbitには、ほとんどの機種に運動リマインダーの機能がついていて、自分で時間の中で、決めた歩数になっていない場合にお知らせしてくれる運動リマインダーの機能がついています。

参照:移動のための Fitbit リマインダーとは何ですか?

GARMIN vivosportにはMoveアラートという機能がついていて、一定時間動いていないと、腕時計がバイブレーション機能でお知らせしてくれます。

参照:機能と特性:vivoシリーズのアラーム設定について

「意識して動くようにしよう」ではなく、ライフログをつけて、動いていないことに気づき、動くようにすることが近道です。

残念ながら、立ち仕事をしている方には当てはまりませんが、下に紹介する「一石二鳥ストレッチ」をオススメします。

継続できるストレッチ

運動したくても、周りの目が気になって出来ない!という方も多いのではないのでしょうか。

よく、いろんなマッサージ方法や柔軟体操が紹介されていますが、大げさすぎてできない、運動やあなたにうってつけの、むくみ解消方法をご紹介します。

それは…

足首を回すこと。

そうなんです。座ってでもできて、誰にも気づかれません。

足首を回すことは、良いことだらけです。しかも目立ちません。

  • 血行が良くなる
  • 冷え性に効く
  • むくみにも効く
  • 全身のコリに効く
  • アンチエイジングになる
  • ダイエット効果もある

回数よりも、意識してゆっくり、大きく動かすことが重要です。

ヨガでも足首回しは重要です。目立たず、いつでもできて、簡単で、様々な効果がある。

「足を上げて寝る」のが最も効果的な対策

むくみの原因でも記載しましたが、ふくらはぎから心臓に戻る「血液」「水分」が滞ってしまうためにむくみができます。

その原因の対策は、ずばり「足を上げて寝ること」です。

足の高さは10~15㎝程度(=心臓と同じくらいの高さ)

足を上げ過ぎては足に血液が流れにくくなるので、逆効果です。過ぎたるは猶及ばざるが如し。

ダイエットもそうですが、「寝ているとき」が重要です。昼間は自分でどうにかできます。寝てる時も対策をすることで、1日中、対策をしていることになります。

むくみ対策用のレギンスで対策

最後は科学の力を借りて、着圧レギンスを試してみましょう。

着圧レギンスとは、足首やふくらはぎ、太ももをギュッと締め付けるようにサポート力を強くしたレギンスです。

圧力をかけることで老廃物の流れや血流を良くする効果があると言われています。

しかし、「過ぎたるは猶及ばざるが如し」。圧力は強ければいいものではなく、強いと動脈閉塞などを引き起こしてしまうケースもあるといいます。

選ぶポイントは「必要と夜用を使い分ける」です。

まず、日常生活でのむくみを取り除くなら、弱圧(13hPa~26hPa)か中圧(26hPa~39hPa)のソックスで十分と言われています。

  • 約13hPa~26hPa…軽いむくみ用
  • 約26hPa~39hPa…中度からひどいむくみ用
  • 約39hPa~65hPa…リンパ浮腫などに用いられる医療用

加えて、通常では、

  • 太もも 5~15hPa
  • ふくらはぎ 10~20hPa
  • 足首 20~30hPa

の数値で、「効果が充分得られる」とされているます。

これらをもとにレギンスを選ぶと「健康にちょうどよい」レギンスを見つけられるのではないでしょうか。

足首21hPa・ふくらはぎ16hPa・太もも10hPaで、肌触りが柔らかく、敏感肌でも使用できることが特徴です。



まとめ

これまで書いてきたことをまとめると、4行で説明可能です。

  • 一定時間動いていないとお知らせしてくれるライフログで、動くキッカケにしよう
  • 座っているときは、足首を回してストレッチ
  • 寝るときは、足に枕を置いて、10cm~15cm高くして寝よう
  • レギンスを購入するなら「夜用」の「軽いむくみ用」にしよう

むくみからの解放は、足すっきり、冷え性解消、全身のコリも軽減する可能性があります。

ぜひ実践して健康な体を手に入れてください🎵