健康・ダイエット

赤ちゃんをアトピーから守る2つの保湿!アレルギー体質を遺伝させない!

生まれてくる赤ちゃんをアトピーにしないためには「保湿」が非常に重要です。

なぜなら赤ちゃんの肌はもちもちしているように見えても、大人の肌に比べ、半分の薄さしかなく水分量に至っては1/3程度しかないからです。

生まれてくる赤ちゃんに対して、こんな悩みはありませんか?

・自分が花粉症でアレルギー体質なので、子どもに遺伝しないか?
がアトピー性皮膚炎で、子どももアトピーにならないか?
・生まれてくるタイミングが冬なので、乾燥で赤ちゃんの乾燥肌にならないか

実は、アレルギー体質は、母親と父親の遺伝子から受け継がれ、しかも、遺伝するのは特定の症状ではなく、“アレルギー体質”だということがわかっています。

さらに、

・夫婦ともに花粉症
・夫婦のどちらかがアトピー性皮膚炎
・夫婦の親がアレルギー性鼻炎
・夫婦のどちらかが子どものころ、食物アレルギーがあった

こんな時は要注意です。両親ともにアレルギーがある場合が60%、片親にアレルギーがある場合は40%、どちらもアレルギーがない両親から生まれた場合20%の確率で、子どもアレルギーを発症するともいわれています。

このようなことから、生まれてくる赤ちゃんをアトピーにしないためにも、お肌ケアは必須です。

アレルギー体質で、赤ちゃんが生まれたらアトピーが遺伝してしまうのではないかと心配しているあなたへ、アトピーの遺伝をグッと下げる方法をご紹介します

赤ちゃんがアトピーを発症する原因

アトピー性皮膚炎もアレルギー鼻炎も金属アレルギーも食物アレルギーも、すべて「アレルギー反応」という言葉に含まれます。

アトピー性皮膚炎の発症も、ダニやハウスダストなどを口から体内に入ることがメインだと考えられていましたが、実は、肌に触れるアレルゲン(ハウスダスト、花粉やダニ)が皮膚から直接、体内に入り込むことで発症することもわかってきました。

赤ちゃんの肌は大人の半分の薄さで、角質層のバリア機能がまだ未完成であり、

また、赤ちゃんはよだれや涙、汗などが多く、これらをふき取るときの摩擦などでもさらに皮膚を刺激し、バリア機能を一層低下させてしまいます。

だからこそ、赤ちゃんの肌を守るために正しいスキンケアが必要なのです。

アトピーの遺伝

アレルギーが親から子に遺伝することは冒頭に記載した通りですが、研究の結果、保湿をしっかりすることで、なんと30%も発症のリスクが低下したことが分かっています。

研究成果の概要

○海外の研究

アトピー性皮膚炎の家族がいる新生児(118名)を対象とし、2つのグループに分けて生後7日目から8ヶ月後まで観察。

  • 「毎日全身に保湿するグループ」
  • 「乾燥した部分に保湿するグループ」

毎日全身に保湿する」グループの方が、アトピー性皮膚炎の発症リスクが3割以上も低下。

* Horimukai K et al., J Allergy Clin Immunol, 2014; 134(4): 824-830.

○国内の研究

保湿効果を高めるワセリンを塗布したところ、発症を遅延・予防できた。発症前に皮膚バリアの破壊を防ぎ、角質の適切な新陳代謝を促すことがアトピーの予防につながることが分かった。

ワセリンを塗ると発症を予防できる可能性がある

* 理化学研究所は米科学雑誌「Journal of Clinical Investigation」(電子版)に現地時間2016年04月25日付で掲載

難しいことはさておき、とにかく全身を保湿することでアトピーの発症リスクを抑えられることは確かです。

秋生まれの子はアトピーになる子が多いといわれます。これは、生後3カ月を過ぎる冬の時期は非常に空気が乾燥しているので、他の時期よりもさらに皮膚が外敵にさらされているからかもしれません。

保湿テクニック

我が家は、夫婦ともアレルギー体質です。学術的には60%の確率で子どもはアレルギー体質になります。

確かに子どもは鼻炎もしくは花粉症の症状はあるものの、2人の息子ともにアトピーにはなりませんでした。それはなぜかというと、2種類の保湿を徹底的に塗ったからです。

実は、赤ちゃんの保湿には2種類あります。

  • 肌の水分の保湿
  • 肌を外敵から守るバリア

どちらか一つでは、赤ちゃんの肌を外敵からは守り切れません。

保湿の種類

赤ちゃんの保湿剤の種類をみると、様々な種類があります。

  1. クリーム:ローションより水分が少ない
  2. ローション:水分がメイン
  3. オイル:油。肌に薄い膜を張って外敵から保護
  4. ワセリン:汚れや刺激を受けやすい状況から肌を守る

①+②は保湿メインで外敵から守れないですし、③+④は外敵から守れても保湿が足りません。つまり、この4つを季節に合わせてうまく組み合わせる必要があります。

これまでご紹介してきた通り、以下のポイントを前提に考えましょう。

  • 保湿は冬だけでなく、1年を通して必要
  • 乾燥している部分だけでなく全身に対して必要

ここでは、オイルよりワセリンの方が取れにくいので、3つに絞ってご紹介します。

  1. クリーム:ローションより水分が少ない
  2. ローション:水分がメイン
  3. ワセリン:汚れや刺激を受けやすい状況から肌を守る

クリームとローションの違いを季節に合わせて使い分けてあげると

春・夏:ベビーローション+ワセリン

秋・冬:ベビークリーム+ワセリン

ワセリンは、100%ミネラルオイルです。中でも、肌を刺激する原因となる物質も極力排除されている白色ワセリンを選ぶようにしましょう。

ワセリンそのものに効果があるのではなく、外敵から守るためのものなので、保湿効果というよりは、肌を刺激しないことをメインに選ぶと良いです。

補足として、ワセリンはたくさん塗れば効果があるものではありません。米粒大のものを薄く伸ばしながら、ベタベタ・テカテカしすぎないように塗っていきましょう。

オススメの保湿剤

ここまで保湿の重要性を説明してきましたが、実は、大切なのはあなたの赤ちゃんの肌に合うか合わないか、です。

どんなに無添加を使っていても、体調などによっても発疹が出てしまうことがあります。テスターで試してからかうのがベストですが、店頭でテスターが見つからない場合、一番小さいのを買って試しましょう。

ベビークリーム

王道はこの3種類で決まりでしょう。

ワセリン

王道はこの二つです。まずはこの二つを試してみて、合わなかったときに別のにしましょう。もし旅行先で切れたとしても、どのドラッグストアにも売っているので、いつでも補充可能です。

ミルコロエイジングヨーグルト

ダイエットも美容も「健康」になるために実践するものですが、そのためには「腸活」が最も有効です。身体の内側から健康になれば、自然と体重も適正化されるからです。

実は最新の研究から、腸活には1日1兆個の乳酸菌が必要(生きて腸に届く必要はない)ということが分かっています。

そこに注目を浴びている「奇跡のヨーグルト」があります!

なんと!!200mlに約6兆個の乳酸菌が入っている「ミルコロエイジングヨーグルト」です!!

化学肥料を一切使わず、天然のオメガ3を配合した牧草をジャージー牛に与えて搾乳した奇跡のヨーグルトです!



ヨーグルトからナチュラルなオメガ3が摂れるということもあって、美容で権威ある『専門家』や『内閣府』が審査員に集まるジャパンメイド・ビューティーアワード、農林水産大臣賞、 にっぽんの宝物グランプリで優勝など数々の権威ある賞を受賞しています。

さらに美味しさも絶品!まるでレアチーズのような濃厚クリーム層とトロリとして酸味あるヨーグルト本来の美味しさが一体となった2層タイプです。

ミシュラン一つ星レストランやパレスホテルの締めのデザートでも扱う程のお墨付き!

この乳酸菌の量、半端ないです!ぜひお試しください!!