事務職の転職

【最新版】20代・事務職に強い転職サイトを厳選!未経験・第二新卒でも成功確率UP

事務職で転職を考えている20代の人に向けて「本当におすすめできる20代向けの転職サイト」を厳選して紹介します。

転職を成功させるためには、「最適な転職サイトの利用」が必須条件です。

そこで、下記のような転職活動のツラさを回避する方法も徹底解説します。

どの転職サイトが良いのか分からない

応募しても不合格になりまくるのはツライ

転職先がブラック企業だったら嫌だ

最後まで読めば、自分に合った転職サイトが見つかって、転職成功すると、人生が安定しますよ

本記事の内容

応募したい企業が多い転職サイト

応募すべき業界・企業を絞る方法

情報の信頼性が高い転職サイト

本記事の信頼性

他サイトのおすすめ理由はランキングは、利用者目線や転職エージェント経験者の一方的な目線のランキングです。

本ランキングでは、3つの目線で厳選したサイトをご紹介します。

採用する側の人事担当として候補者を見る目線

採用する側の人事担当として転職エージェントの担当者を見る目線

転職エージェントを利用してきた利用者目線

20代の転職サイトを選ぶポイント

転職に成功するためには20代・事務職に強いサイトに厳選して登録するのが近道です。

ポイントは以下の3点です。

ハローワークは除外、安定企業は安定している転職サイトを利用

伸びている業界の求人数の多いサイトを厳選

サイトの信頼性・使いやすさが重要

それぞれ簡単に説明します。

転職サイトの選び方

20代前半の転職は「転職サイト」が最適です。

ハローワークは企業が無料で利用できるため、人材にお金をかけない企業が集まります。

転職エージェントは、キャリアの方向性が定まったキャリアアップがメインなので、第二新卒には向いていないです。

つまり、20代前半は転職サイトが最適ですが、その中でも、安定している企業は、安定している大手転職サイトで募集をします。

少し求人広告の価格が高くても、知名度が高く、人材が集まってくる転職サイトの方が、採用決定できることを、企業は知っているからです。

つまり、20代前半は、知名度の高い転職サイトを使用するのが最適です。

伸びている業界の求人数の多いサイトを厳選

休日・給料・安定は、企業の利益の出し方で決まります。

スキルがあってもツライ職場、スキルが無くても悠々自適な職場があるのも真実です。

  • 利益が出る体質だと社員に還元できる
  • 社員に還元されるのは給与・休日・福利厚生

例えばクラウドサービスは、サーバーやシステムさえあれば、利用者が100万人でも500万人でも原価は5倍になりません。

でも売り上げは5倍。つまり、利益が出る体質です。

そういった勝ち組の業界を選ぶことで、スキルに関係なく好待遇を得られる、というわけです。

サイトの信頼性・使いやすさが重要

記載されていた情報が嘘だった、ということが無いように、情報の信頼性は非常に重要です。

転職サイトの社員が、各企業に直接取材に行っていると情報の信頼性はさらに上がります。

大手の転職サイトになればなるほど、企業側のアピールだけでなく、現場に来ていろいろなことを取材していきます。

取材によって法令違反を見つけてしまった…という事例もあるくらいです。

ただ求人数を稼ぐのではなく、求人内容の質・信頼性を高めることで求人を増やせるのが、大手転職サイトの強みです。

20代×事務職におすすめの転職サイト

これから事務職のキャリアをスタートさせる人におすすめの転職サイトを紹介します。

転職サイトでは、未経験を探している企業が多く、育成を前提としているので、しっかりスキルが身に付く求人を見つけられますよ!

リクナビNEXT

転職サイトの代表。
転職者の8割がリクナビNEXTに登録している圧倒的王者

 

マイナビジョブ20’s

20代の転職を熟知するキャリアアドバイザーが専任。適性検査に強み。

 

DODA

診断ツールが豊富で、エージェントの洗眼力が抜群。
長所を最大限に生かせる業界No.2の求人数。

 

それでは20代×事務職×第2新卒におすすめの転職サイトをご紹介していきます。

リクナビNEXTは求人数・登録者数No.1

こんな人におすすめ20代 未経験者 非公開求人を見たい人
公開求人数約48,000件
非公開求人約9,000件
事務職×IT業界の求人数約1,000件
対応エリア全国
公式サイトhttps://next.rikunabi.com/

〇メリット

リクナビNEXTだけの限定求人が約85%となる圧倒的な求人数

グッドポイント診断で、システムで自分の強みを分析

転職意欲が低くてもOK。スカウトメールで待ちの転職活動が可能

年間休日と完全週休2日を区別して企業を絞れる

フリーワードではなく様々な条件をチェックボックスで絞れる

×デメリット

エージェントからのフォローは期待できない(転職は強制されない)

求人お知らせメールを工夫しないと大量のメールが来る(条件を絞れば解決)

登録者が多いので、人気求人は倍率も高くなる

リクナビNEXTの評判・口コミ

現役人事担当のコメント

未経験・1ポジション複数人募集をするときに利用します。応募者を確保したいので、登録者数の最も多いリクナビNEXTを利用します。

ターゲットを絞って「面接確約オファーメール」を出すこともあるので、チャンスを逃さないためにも登録しておくことがおすすめです。

マイナビジョブ20’sは20代特化のメリット多数

こんな人におすすめ社会人経験3年以内の20代、自分の強みや弱みを知りたい方
公開求人数20代特化の求人が約2千件
事務職×IT業界の求人数約100件弱
対応エリア全国
公式サイトhttps://mynavi-job20s.jp/

〇メリット

20代の転職を熟知するキャリアアドバイザーが専任

9つの側面からパーソナリティーを測定する適性診断が無料

職種・業種未経験OK求人も豊富、非公開求人も多数

×デメリット

求人数が少ない

キャリアアップよりキャリアスタートに向いている

教えてくれるというよりは、求職者と同じ目線で相談にのる形態

マイナビジョブ20’sの評判・口コミ

現役人事担当のコメント

マイナビは特に企業の社風・雰囲気を知るために努力をしている印象が強いです。

突っ込んだ話を聞いてきたり、実際に現場に来て見聞きしたりと、生の情報が聞けるのがメリットです。

マイナビのブランドを生かして、超有名企業の求人が多いのも特徴です。

DODAはアドバイザーのスキルが高い


こんな人におすすめ20代・30代の自分の適性に合った仕事を探したい人
公開求人数約10万件(非公開求人含む)
事務職×IT業界の求人数約3,800件
対応エリア全国
公式サイトhttps://doda.jp/

〇メリット

非公開求人を含む日本最大級(約10万件)の求人数を掲載

専門スタッフのスキルが高く、希望や適性に合った求人を紹介

非営利団体の求人が多い

×デメリット

専門スタッフが事前に応募企業を選定してくれるので、紹介してもらえる求人が少なく感じる

求職者と同じ目線というよりは、経験を生かしてズバッとアドバイスしてくる

中には力量の低いアドバイザーもいる

DODAの評判・口コミ

現役人事担当のコメント

本気であなたに合ったキャリアを紹介してくれる社風です。人事担当者から見ても、専門エージェントの質が高く、求職者の人生に寄り添う姿勢が見えます。

実際に筆者自身もDODAで転職を成功させています。贔屓なしにおすすめです。

転職成功のカギは戦略的な転職活動

転職活動は、「ヤバイ…転職しないと…」と思う前から行動しておくことがポイントです。

急いで探すと、転職に失敗する可能性が高い

登録をしておけば、良い会社が見つかる可能性が高まる

本気で応募するときにはキャリアの整理する時間が必要

どの転職サイトも完全無料で、いつでも退会できるので、情報収集だけはしておきましょう。

あの時だったら、あの企業が求人を出していたのに…

転職活動の「あるある」で、こんなことにならないためにも、条件に合った非公開求人だけ連絡が来る設定にしておきましょう。

さらに転職サイトには非公開求人も多く、希望の条件に合った求人が見つかっても、そこから履歴書を作成していると、出遅れます

求人は、採用が決まったら、即打ち切り。

これが「もし今すぐ転職する気がなくても登録しておいた方がいい」という理由です。

断言します。これだけで本命に合格する確率がグッと上がります。

しかも転職サイトは完全無料。

求人情報を見る目を養うこともでき、焦らずに良い求人を逃さず見つけるために、行動することが人生を変える一歩です。