健康・ダイエット

FITBITの最もオススメの機種は?!3機種を実機比較レビュー!

ダイエットや睡眠の質を知るためにほしいけど、どの機種がオススメだろう?

こんな疑問にお答えします。

ダイエットや睡眠といった健康に着目したウエアラブル機種が欲しい場合はFitbitが最もオススメです。

でも機種が多すぎて、どれを選べばいいかわかりにくいですよね。

この記事では3機種を利用してきた筆者がFitbitのコスパ最強機種をご紹介します。

  • FITBIT Charge 3
  • FITBIT Inspire HR
  • FITBIT ALTA HR

コスパ最強は「FITBIT Inspire HR

結論からお伝えすると、価格、機能、デザイン面を総合的に判断すると「FITBIT Inspire HR」を最もオススメします。

FITBITはversa2がスマートウオッチであり、Charge 3やInspire HR、ALTA HRはフィットネストラッカーです。

健康やダイエットを目的とするなら、フィットネストラッカーから選ぶようにしましょう。

Charge 4最新機種(GPS内蔵)2020年4月
Charge 3機能は最上位(位置情報はスマホと連携)2018年11月
Inspire HRALTA HRの後継機種2019年3月
ALTA HR2017年4月発売

ではなぜInspire HRがイチオシなのかをご紹介しましょう。

Inspire HRの特徴

筆者がInspire HRを推す理由は、ずばりコスパ最強です。

2019年11月には、Amazonでは17,000円程度で販売されているのに対し、ヤフオクでは10,000円程度で取引されています。

  • 上位機種であるCharge3とほぼ同等機能
  • 画面も小さく、女性にも違和感がない
  • 価格が安く、超軽量(実測17g)

これ1台でダイエット成功は間違いなく、手首のアラームは心臓に優しく、睡眠の質も見れて、スマホのGPSと連動することで正確な記録がでます。

数年前は20,000円を切ることはありませんでした。タッチパネルの反応も良好です。

写真のようにセンサーは「ほぼ平」で、出っ張っていないので、装着しても違和感がありません

唯一の難点は、充電が磁石式なので、「充電器から外れやすい」ということです。

Charge 3の特徴

この機種では最上位機種のため、価格と機能が他機種よりも高くなっています。

Amazonとヤフオクの価格差を見ても、人気度が見えると思いますが、実はInsprieに比べ、高機能なのは以下の点だけとなっています。

  • 高度計/相対的SpO2計
  • 階段を上った数の計測
  • クイック返信機能
  • FITBIT PAY

この機能UPに対し、Insprieより7,000円も高額になっています。

もしクイック返信機能などのスマートウオッチ機能が欲しいのであればFITBIT  versa2 を選んだほうが良いと思いまし、階段の上がった数は運動量を見れば良いです。

他機種より画面が大きいので見やすいということを重視するのであればよいですが、そうでなければ、Insprieに比べ機能UPに対してはコスパは下がってしまっているように思えます。

写真を見ると、Inspire HRに比べ、センサー部分が一か所多いことが分かります。充電はクリップ式なので、しっかりとはまります。

ALTA HRの特徴

最も優位なのは24時間心拍を測る中でも最も価格が安い!ということです。

バンドも交換でき、女性もファッションに合わせやすくなっています。

価格は約14,000円程度(ヤフオクで8,000円程度)です。

中華系の信頼できないトラッカーが4,000円程度を考えると、8,000円で手に入れられるなら激安だと思います。

しかし、このALTA、実際に使ってみてわかった最大の難点があります。それは…

液晶のタッチレスポンスが劇的に悪い!!!

Fitbitの他機種は常時点灯ではなく、腕を上げると時刻が表示されるのですが、その反応は良いです。

しかし、ALTAタッチしても全然画面が切り替わりません。

酷いときには20回くらいタッチして歩数を確認することになります。

もちろんスマホにはリアルタイムで常時連携しているので、スマホを見ればよいのですが、歩きながらちょこっと見たいな、という場面には適しません。

もしあなたが、表示を見るのは時間くらいで、それ以外の情報はスマホで確認する、というのであれば価格を優先させるのも良いでしょう。

心拍計の精度などに大きな違いはありません。

では、もう少し3機種を並べて比較してみましょう。

3機種のスペック比較

本体情報や健康、運動、スマートウオッチ機能ごとに比較をしてみました。実はどの機種もFITBITのスマホアプリを使えば、摂取カロリーを入力することで、カロリー収支や睡眠、運動などを1か所で記録できるので、ダイエットには非常におすすめの無料アプリです。

Charge 3Inspire HRALTA HR
本体ディスプレイタッチスクリーン、グレースケール有機ELディスプレイOLED タップディスプレイ
データ保存モーションデータ:7日間
統計データ:30日分
SmartTrackデータ:7日間、統計データ:30日分
電源リチウムポリマー
バンド・ベルト素材エラストマー
防水・防塵性能水深50mまでの耐水性能防滴仕様
時間表示
BluetoothBluetooth 4.0
NFC××
バッテリー最大7日最大 5日最大7日
搭載センサー3軸加速度計/光学式心拍数計
高度計/相対的SpO2計、振動モーター振動モーター
心拍計測24時間計測/リアルタイム表示/心拍ゾーン/安静時心拍数
VO2Max×
重さ(実測)約30g約17g約25g
Amazon(2019/11)1.7万円1.5万円1.4万円
ヤフオク(2019/11)1.7万円1万円8千円
健康管理機能歩数 & アクティビティのデータを測定
消費カロリーを測定
上った階数××
睡眠記録とサイレントアラーム(バイブ機能)
睡眠ステージ(浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠)
睡眠スコア
女性の健康状態を、きめ細かく測定×
ガイド付き呼吸セッション×
運動機能SmartTrack でエクササイズを自動的に認識
運動リマインダー
時間ごとのアクティビティ
水泳のデータ測定×
15 種類以上のエクササイズモード×
1 日 24 時間、心拍数を測定
心肺機能のフィットネスレベル×
オンスクリーントレーニング×××
GPS 搭載でペースと距離を測定×××
スマートフォンの GPS でペースと距離を測定×
adidas オンスクリーン ワークアウト*×××
スマート機能Amazon Alexa 搭載×××
着信通知機能
テキストメッセージの受信、カレンダーの予定、スマートフォンアプリからの通知を表示
クイック返信機能××
音声による返信機能×××
アプリ×××
音楽を体験×××
Fitbit Pay××
デザインと仕様Fitbit アクセサリー
デザイナーアクセサリー×××
常時画面表示モード×××
カスタマイズできる文字盤
水泳にも対応

3機種の実測比較

せっかく3機種持っているのだからということで、本田圭佑を超える、同時に左腕に3つを装着してみました。

Fitbitのアプリにデータが入った後の計算式は同じはずなので、センサーの精度比較(歩数、睡眠、運動の自動判別)をしてみます。

項目Charge 3Inspire HRALTA HR
歩数18,92619,22719,093
睡眠スコア68計測エラー63
目覚めた時間47分1h9min1h7min
レム睡眠48分1h40min55分
浅い睡眠4h56min3h39min4h26min
深い睡眠4分15分5分
ウォーキング時間1h36min
平均心拍134bpm129bpm138bpm

まとめ

スマートウォッチ、ライフログ、フィットネストラッカー、活動量計と様々な呼び方をされていますが、それぞれコンセプトが違います。

Apple watchはスマートウオッチを目指していますし、Garminをはじめとするスポーツメーカーはフィットネストラッカーを目指しています。

Fitbitはライフログとフィットネストラッカーの良いとこどりです。

一方、2019年冬、FitbitはGoogleに買収されたので、今後の動向(方向性)は期待と不安が入り混じるところです。

もしあなたが「いきなり高い金額を出すのは嫌だけど、興味がある」と思うのであれば、2019年冬はまさに「Inspire HR」がオススメです。

もしかするとあと半年するとCharge3の価格が下がり、Charge3のコスパが良くなっているかもしれません。

FitbitとGarminの比較や、Fitbitアプリの良い点(無料アプリで安い体重計と同期)などもまとめていますので、ぜひご覧ください。

追記:Charge4が新発売

2020年4月14日、Charge4が発売されました。筆者も待ちに待ったCharge4でしたが、残念ながら購入を見送りました。

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥19,982
(2020/07/03 21:01:57時点 Amazon調べ-詳細)

charge3との違いは以下の点です。

  • Fitbit Pay搭載
  • GPSを搭載
  • カレンダ連携機能追加
  • Spotifyコントロール機能追加
  • アクティビティ心拍ゾーンによる一日の心拍数が上がったアクティビティ時間を集計記録可能

結果として2万円弱の実売価格となっています。筆者はGarminのGPS利用とGPS利用なしのバッテリーの減り具合を実感しているので、今までFitbitはスマホのGPSと連携してくれたので、バッテリーに負担をかけずGPSの記録ができましたが、それが出来なくなってしまいました

しかもGPS機能が追加されたことで本体が若干大きくなっています。最新型が欲しいという場合はCharge4で良いと思いますが、1万円で購入出来て、バッテリーとGPSの機能を考えれば、まだInspire HRという選択肢がコスパがイイと思います。

【先着最大3万円OFFクーポン&ポイント最大44倍!1日まで】 フィットビット fitbit Inspire HR 時計 インスパイア FB413BKBK-FRCJK FB413LVLV FB413BKWT