Fitbit

【3分で完了】Fitbit versa 3のsuica設定を16枚の写真で徹底解説

2021年6月下旬、FitbitがOS 5.2のソフトウェアアップデートを実施し、

「Sense」と「Versa 3」でSuicaが利用できるようになったので、

設定方法をご紹介します。

正直、あんまり変わらないと思っていましたが…

電車やコンビニで、スマホや物理クレジットカードをかざすより、時計の方がメチャクチャ楽です。

こんな人向けの記事です

FITBIT PAY?

Google PAY?

なんだかめんどくさそう…

実際にやってみると3分で設定が完了します

あらかじめ用意しておくのは2つのみです。

  1. Suicaにチャージした時に引き落とすクレジットカード
  2. Googleのアカウント(パスワードも忘れずに)

では1画面ごとに写真で紹介しながら解説していきます。

ダッシュボードからウォレットを開く

①ダッシュボードの左上から人のマークをクリック

②設定する本体をクリック

③ウォレットのクリック

本体で表示させるときのパスワードを設定する

④Suica設定します画面をクリック

⑤本体で表示させるときのパスワードの設定入り口

⑥パスワードを設定します

⑦24時間おきにパスワード変更するか、本体で表示させるときはパスワードを不要にするかを設定

FITBIT側の登録をする

⑧Suicaを選択

⑨Fitbit PAYの個人情報登録

⑩チャージ金額を選択

Googleアカウントでクレジットカードの登録をする

⑪Google Payでのチャージのため、Googleアカウントでログイン

⑫チャージの際の引き落としクレジットカードを選択

⑬利用規約に同意

設定完了を待つ

⑭~⑯は設定を待つのみです。

これで設定完了。

本体側で利用確認をする

本体のウォレットをクリックすると、チャージした金額が表示されています。

これで確認も完了です。

充電が長持ちするFitbitだから使える

たいてい1日はバッテリーが持つとされているiPhoneですが、

数年経つとバッテリーが劣化します。

そこにSuicaを入れていると、充電が切れた時が最悪です。

Fitbitはバッテリーに優れています。

  • 6日間持続するバッテリー
  • 急速充電(12分で1日分)

筆者はバッテリー切れが怖くてiPhoneケースに物理Suicaをしまっていましたが、

これでようやくSuicaの物理クレジットカードとGoodbyeできました。

電車の乗降、コンビニでの買い物がスマホを出さなくていいのでスマートに決済できるのは

思いのほか解放感が大きいです。

created by Rinker
Fitbit(フィットビット)
¥24,984
(2021/07/23 21:55:08時点 Amazon調べ-詳細)