子育て

徹底比較!アウトドアヴィレッジとアウトドアーズフラッグシップストア

ここ数年、ソロキャンプやファミリーキャンプというキーワードでキャンプの人気が急上昇し、アウトドア用品にもスポットが当たってきました。

そんな中、「アウトレット」に肩を並べる形で「アウトドアショップのテーマパーク」が出来てきました。

モリパーク アウトドアヴィレッジ(東京都昭島市)とアルペン アウトドアーズフラッグシップストア(千葉県柏市)の両方に行ってみたところ、それぞれに特徴がありました。

、子どもにキャンプ体験をさせたいと思っているときは、ショップ選びの参考にしていただける記事になっています。

まだ行ったことがなく、行くならどちらにしようか悩んでいる方は必見です。

モリパーク アウトドアヴィレッジ(昭島市)

基本情報

「モリパーク アウトドアヴィレッジ」は、アウトドアの魅力を体験、体感できる新しいスタイルの商業施設で、アウトドアブランドだけでなく、クライミングジム&ヨガスタジオ、池でのカヌー体験、国際大会も可能な大型のクライミングウォールがあります。

地味なところでは、12時以降は駐車場が混みます。また、JR昭島駅側(市道16号)から行くと、モリパーク アウトドアヴィレッジに近いP6駐車場に並ぶことになりますが、ここも混んでいます。

カインズホーム側から入りP7駐車場がオススメです。モリパーク アウトドアヴィレッジも信号を渡ればすぐです。

オープン 2015年3月13日
施設名 MORI PARK Outdoor Village(モリパーク アウトドアヴィレッジ)
所在地 〒196-8533 東京都昭島市田中町610-4
営業時間 平日11:00 ~ 20:00、土日祝10:00 ~20:00
電話番号 042-541-0700

特徴

行ってみたところ、以下の特徴を感じました。

  • メーカーごとにSHOPが並んでいる
  • 各メーカーのSHOP内は非常に広々と創られていて、ゆっくり商品を見ることができる
  • キャンプ用品中心ではなく、アウトドア全般の商品が展示されている
  • 意外に「ウエア」の商品が多い

メーカーごとにSHOPが並んでいて、「A&F COUNTRYが見たい!」というようなニーズには合っていると思います。

また、敷地が広いためか、通路も広々としており、各メーカーのSHOP内も天井が高く、非常に開放的です。

しかし、キャンプ用品を見たいというあなたには少し物足りないと思います。特にスノーピークは店舗の半分がカフェになっていて、残りの半分も通路が広々…商品が少ない

Colemanだけはキャンプ用品の品揃えが良かったですが、THE NORTH FACEも1/4はカフェ、ウエア中心、mont-bell は1階がほぼウエア、2階に用品系ですが、その中にはロードバイク用品もあるように、広く浅く、という感じです。

良かったのは各SHOPとも店員さんに話しかけられるような状況なので、わからないこと、聞きたいことがある方にはメリットだと思います。

また、各メーカーごとにアウトドアランチ?が食べられるのも特徴的。ちょっと贅沢なランチと思っていけば、アウトドア感を感じることができるでしょう。

アルペン アウトドアーズフラッグシップストア柏店(千葉県柏市)

基本情報

「体験型アウトドアショップ」をコンセプトに、最高の相棒を見つけるため、10万点以上の商品を準備しております。

家族や友人と「ワクワク」した時間を生み出すために、様々なシチュエーションごとに商品が展示されているため、キャンプ体験を想像しやすいです。

オープン 2019年4月19日
施設名 アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 柏店
所在地 千葉県柏市風早1丁目6-1
営業時間 10:00~21:00
TEL 04-7192-3671

特徴

ダッチオーブン・クーラーボックス・ランタン・寝袋・グリルなど、ジャンル別にコーナーがあり、各メーカーのいろんな商品を比べることができます。

しかも商品が箱から出ていて商品を手に取って見ることができるのは大きなメリットです。

加えてColemanやスノーピーク、ロゴスなどの大手メーカーは、メーカーごとのブースもあるため、目的に応じてウインドウショッピングが可能です。

一方、テントの展示はあまり多くなく、各メーカーの店員とジャンルブースを取りまとめる店員が分かれており、それぞれ忙しそうにしているため、店員に聞きにくいというのは大きなデメリットだと思います。

まとめ(各テーマパークの比較)

各テーマパークのデータを比較してみます。

テーマパーク モリパーク アウトドアヴィレッジ アルペン アウトドアーズフラッグシップストア
場所 東京都昭島市田中町562−1 千葉県柏市風早1丁目6-1
展示方法 メーカーごと ジャンル別(寝袋やダッチオーブン等)+メーカーごと
コンセプト アウトドア全般 キャンプ中心
取り扱いメーカー 17のSHOP 450ブランド 10万点
対象 アウトドア全般に興味がある人。好きなメーカーがある人。 キャンプでどんなことをしたいか決まっている人(買いたいジャンルが決まっている)
周辺施設 飲食店街、イトーヨーカドー、MOVIX昭島、アミュージアム、トイザらス、スポーツデポと非常に充実

セブンパークアリオ(シネマ、レストラン、イトーヨーカドー、フードコート)

一番大きな違いはアクセスです。モリパーク アウトドアヴィレッジであれば、車でなくても電車で行けます。昭島駅の目の前がモリパークです。

ディズニーストアや飲食店の数も豊富なので、家族で行っても楽しめる場所が多いです。

コタローの感想

両方に行ってみたところ「キャンプ」に興味を持って見るのであれば、絶対に「アルペン アウトドアーズフラッグシップストア柏店」をオススメします。

キャンプ初心者でメーカーに「こだわり」がなければ、ジャンル別商品が手に取って見られるアルペン アウトドアーズフラッグシップストア柏店」がオススメ

アウトレット感覚で、アウトドア関係の商品を見たいといった場合は「モリパーク アウトドアヴィレッジ」があっていると思いますし、クライミングがしたい場合もモリパーク アウトドアヴィレッジ1択です。

ぜひあなたの興味のあるショップへ足を運んでみてください!