健康・ダイエット

男性×敏感肌★白浮きしないオススメ日焼け止め5選

春から夏にかけて、紫外線が非常に強くなる時期です。

日光アレルギー(紫外線アレルギー)があると、外出すると赤い発疹が出るけれど、特に男性は、普通に日焼け止めを塗ると白くなってしまい恥ずかしい、ということはないでしょうか。

アレルギーがあると敏感肌であるケースも多く、白くなりにくいだけでなく、日焼け止めも肌に優しいものを選ばないといけません。

日光アレルギーがあり、敏感肌でもあり、アトピー性皮膚炎のある筆者が試してみたオススメの日焼け止めをご紹介します。

本記事では、

  • 日焼け止めの正し塗り方
  • 白くなりにくく、刺激が弱いために何度も塗れるオススメの日焼け止め

をご紹介します。

良い日焼け止めを購入しても、塗る回数が重要なので、ぜひご一読ください🎵

敏感肌には厳しすぎる紫外線

紫外線は3種類ありますが、日焼けで気にすべきは2種類です。

どちらを気にするかによって、気にする基準(PA or SPF)があります。

結論としては、

  • 「数値が高ければ良いわけじゃない」
  • 「強い=肌への負担が重い」

です。

種類特性問題対策基準
紫外線A波(UVA)肌の奥深く真皮まで届くシワやたるみなどの肌老化PA
紫外線B波(UVB)肌表面が赤くなる炎症シミやそばかすの原因SPF

 

私のように大人になってから急に(ある年)日焼けによって赤い湿疹ができる「紫外線アレルギー」になる方もいると思います。

日焼け止めを適切に選び、適切に塗らないと、効果が薄いどころか、皮膚に負担をかけてしまうこともあります。

では、強ければいいわけではない理由をご紹介します。

日焼け止めを購入する際、目にする「SPF」や「+++」の意味を知りましょう。

日焼け止めの効力

紫外線A波(UVA)(シミやたるみに影響)への効力はPA(いわゆる「+」の数)で測ることができます。

PA++++極めて高い効果がある
PA+++非常に効果がある
PA++かなり効果がある
PA+効果がある

 

そして紫外線B波(UVB)(肌表面が赤くなる炎症)はSPFの数値で測ることができます。

SPF基準(目安)→実は、一般的に言われている以下の「時間」について、商品を提供する企業は「この時間内は効果が得られる」と保証していません

SPF5017時間
SPF4013時間
SPF3512時間
SPF3010時間
SPF206.7時間
SPF103.3時間

では、日焼け止めは何を基準に選べばいいのでしょうか。それをこれからご紹介します。

日焼け止めの選び方・使い方(最重要)

繰り返しますが、日焼け止め選びはSPFやPAの数値が高ければ良いというわけではありません

なぜなら効力の数値が高ければ、肌にかける負担高いからです。

加えて、どんな強さの SPF 、PA の日焼け止めを使ったとしても、一般的に 持続時間は2~3時間程度と言われています

負担をかけず、さらに本当に、日焼けを防ぐには、こまめに塗り直すことが重要です。

ではどの数値の日焼け止めを買えばいいのでしょうか。

その答えは、「場面によって最適な日焼け止めがある」です。

基準場面
SPF30+++日常生活、屋外での軽いスポーツ
SPF50++++屋外でスポーツ(1日中)、BBQ、海や山でのレジャー

「肌に優しい」を謳っていても、肌に負担はかかるもの。

日常使いには、塗り直し前提で、肌に負担の少ない「SPF30+++」が最適な回答です。

では、SPF30+++であれば、何を選んでもいいのでしょうか。もちろんそんなわけはなく、以下のポイントで選ぶ必要があります。

  • 紫外線吸収剤不使用のもの(パラジメチルアミノ安息香酸2エチルヘキシル・パラメトキシケイ皮酸2エチルヘキシル・サリチル酸2エチルヘキシル・オキシベンゾン等が含まれていない)
  • ノンケミカルのもの
  • 専用クレンジング不要のもの
  • 敏感肌や乾燥肌の人は「ミルクタイプ」「クリームタイプ」のもの(ジェルタイプを避ける)
  • ナノ粒子不使用のもの

白浮き=紫外線散乱剤利用の材料を使っていて、敏感肌の人は「紫外線散乱剤利用」を選ぶ必要があります。(店頭で商品を探すと、紫外線吸収剤を利用していない商品が少ないと思います)

その中でも比較的、白浮きしにくい散乱剤利用の日焼け止めもご紹介します。

多くの方は、白浮きする(敏感肌用) or 白浮きしない(アレルギーがない人向け)2択を迫られるかと思います。(今の技術では両方備えた商品は少ない)

商品を選ぶポイントはわかったけど、つまりはどれを買えばいい?という方に向けて、商品をご紹介します。

おすすめの日焼け止め

それではメンズに向けた白くなりにくい、敏感肌の人でも使えるオススメ日焼け止めをご紹介していきます。

SPF/PASPF45 PA++++
タイプクリームタイプ
特徴白浮きしにくい。界面活性剤やナノ粒子散乱剤など、10個の化学物質を取り除いたノンケミカル処方で、肌の弱い人や子どもでも安心
内容量30g
参考価格 4,000円程度

 

SPF/PASPF28 PA++
タイプクリームタイプ
特徴ノンケミカル・ノンアルコール・低刺激性のため、敏感肌の人に適している。保湿性も高い。ウォータープルーフタイプ
内容量22g
参考価格 3,000円程度

 

SPF/PASPF30 PA+++
タイプジェルクリームタイプ
特徴軽い使用感が日常使いに最適。美容液感覚の日焼け止め。スルスル伸びて白浮きしにくい。石けんで簡単に洗い流せる。低刺激で安全なカプセル化した紫外線吸収剤を配合です。
内容量50g
参考価格3,000円程度

 

SPF/PASPF30 PA++
タイプ乳液タイプ
特徴無香料・無着色・紫外線吸収剤不使用
内容量30ml
参考価格2,500円程度

 


SPF/PASPF21 PA++
タイプクリームジェルタイプ
特徴紫外線吸収剤不使用(ノンケミカル)、無香料・無着色、保湿成分(ヒアルロン酸・スクワラン)配合。
内容量50g
参考価格3,000円程度

 

(参考)

SPF/PASPF50+ PA+++
タイプクリームタイプ
特徴紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の両方を使用。肌が敏感だけど、紫外線をしっかり防ぎたい、使用感も重視したい方向け。
内容量40g
参考価格2,500円程度

肌に合う・合わないは、各個人で違います

紹介した、合う可能性の高い日焼け止めを順番に試しあなたに合った1本見つけましょう!

費用対効果確認表

商品容量(g)想定価格(円)1gあたり(円)
キャメロンアンドガブリエル ヘヴンヴェール304,000133
ドクターヘルツⅡ503,00060
マイルドサンシールド223,000136
サンクリームミルク302,50083
ジゲンUVクリーム503,00060

ドクターヘルツⅡを使ってみた(2019年5月24日更新)

①出してみると、クリームっぽく、本当に伸びるのか???というもったりとした印象。

日焼け止め おすすめ

②少し伸ばしてみると、瑞々しさが分かります。美容液っぽく、伸びる感じ

日焼け止め おすすめ 敏感肌

③肌になじませると、白くならないビックリです。

これで紫外線を気にせず、毎日、外に出かけられます!

日焼け止め 白くなる

結果、紫外線アレルギー敏感肌アトピーのコタローでは、全く違和感なく利用できます。

匂いも微かな柑橘系。匂いは全く強くない。

そして、今まで使ってきたものと比べ、全く白くならない

男性にとってこれは大きいです。

今年の暫定ベストBUYかも

まとめ

これから紫外線が弱くなることはなく、女性だけではなく、男性も、そして子ども紫外線対策は必須です。

一方で、やみくもに強い日焼け止めを塗るのではなく、肌に負担が少なく白くならない日焼け止めを見つけることで、対策を継続することが重要です。

ブログも紫外線対策も、千里の道は一歩から。昔の人はうまいことを言ったものです。

ぜひあなたに合った日焼け止めを見つけていただけることを願っております。