一条工務店の進化系

ネックスピーカーって音漏れする?子育て・家事にオススメ神器

ハンズフリーでテレビの音や音楽が聴きながら家事ができる便利なネックスピーカーですが、こんな心配はありませんか?

音漏れって結構するのかな?そもそも本当に便利なのかな?

  • 対面式キッチンにしたけどテレビの音が全く聞こえない
  • 子どもが寝た後にリラックスしてテレビを見たいけど超小音でないといけない
  • イヤホンをすると子どもの泣き声が聞こえない

ネックスピーカーとは

ネックスピーカーとは首にかけるスピーカーで、スピーカーが耳に近く、耳の方向に飛んでくるため、イヤホンのように周囲と隔絶せずに、テレビや音楽の音を聞くことができます。

音の性質として直進性があるので、スピーカーが本人の耳元に飛ぶんでクリアに聞こえても、周囲にはあまり聞こえないという特徴があります。

ネックスピーカーは周囲と音を隔絶しないことがポイント

せっかく対面式キッチンにしたのに、テレビの音が全然聞こえない…イヤホンをしたら家族からの声掛けに反応できないし。。。

子どもが寝静まった後に自分の時間なのに、音がうるさいと言われてテレビがつけられない…イヤホンをしたら泣き声に気づけないし。。。

こんな悩みに最適なんです。

親だってリフレッシュが必要。もちろん、大きな音でテレビが聞けない一人暮らしというシチュエーションにも利用できます。

接続できる機器

通信をWi-FiやBluetoothで行うため、テレビやスマホ、タブレットやPCと繋ぐことができるのが特徴です。

よく「TVとは繋げない」というネックスピーカーを見かけますが、TVにBLUETOOHの発信機(USB)を刺して設定すれば聞こえます。

TVと繋げないと記載があるのは、ネックスピーカー購入時に同封している機器だけでは繋げない、ということです。(詳細・つなぎ方は後述)

ネックスピーカーの音漏れ

一番気になるのは、周囲にどのくらい聞こえるのか?音漏れするのか?ということでしょう。

実際に使った音量をもとにご紹介していきましょう。

  • 筆者宅はTVとソファーが約2.5m離れています。
  • テレビの音量10ではほとんど声の内容が聞き取れません。
  • テレビの音量13でちょうど聞こえるくらいです
  • リビング階段なのでテレビの音量13だと上の階にテレビの音が筒抜けです。

これらの環境で、音の大きさを表現していきたいと思います。

音量次第では周囲に音は聞こえない

テレビの音量を0にして、ネックスピーカーは、とりあえずテレビの内容が分かればいいほどの音量にすると、周囲にもほとんど音は聞こえません

子どもが寝た後、泣き声には気づきたいけど、TVも見たいときに活用できそうです。

兄が勉強をしているときに弟はテレビを見たい、というときにも、兄の気を散らさず、弟は静かにテレビを見させることもできます。

ガラケーからiPhoneの進化に似ています。イヤホンからネックスピーカー、凄いです。

メチャクチャクリアに聞こえる

リビングキッチンで料理・片付けをしながらテレビやニュースを流していると、内容はほとんど聞こえません。

しかし、ネックスピーカーにするとメチャクチャクリアに聞こえます。

周囲も流れているテレビの音が聞こえるのと同じなので違和感がありません。

音楽も、ガッツリ聴きたいときやBGM程度で良いときがありますが、音量の工夫次第で両方が可能です。

イヤホンとの最大の違いでありメリットは、周囲から遮断されないことです。

音の大きさをDBで測定

ネックスピーカー近くで54DB、1m離れて52DBでした。

数値としてはあまり変わりませんが、体感としてはだいぶ違います。

ネックスピーカー最大のメリット

  • リビング階段でも他階に音漏れしない
  • 周囲から遮断されずクリアな音が聞ける
  • 好きな音を楽しめる=時間が有意義になる

では、ネックスピーカーの機種をご紹介します。選択肢が非常に少ないので、超有名どころを全部挙げて比較してみます。

これだけ見れば分かるネックスピーカーの比較表

今、ネックスピーカーの選択肢となっているのは以下の7機種(系統)だけです。

  • ソニー SRSWS1
  • JBL SOUNDGEAR
  • ボーズ SoundWear Companion speaker
  • シャープ ANSS2
  • JVC SPA7WTB
  • サンワサプライ 400-SP085
  • 中華系 Soundwear

炊飯器や洗濯機などよりも選択肢の幅が少ないので、用途によって選びやすいです。一方、全部入りの機種は世に存在しません。

全部入り:軽量・音質が良い・長時間再生・価格が超安い

比較表

※スマホの場合、横スクロールをしてください

メーカーソニーJBLボーズシャープJVCサンワサプライ中華系
商品名SRSWS1SOUNDGEARSoundWear
Companion
speaker
ANSS2SPA7WTB400-SP085Soundwear
価格帯約20,000円約15,000円約35,000円約10,000円15,000円約6,000円約4,000円
TV接続送信機同封同封×同封×××
最大再生時間7時間6時間12時間14時間20時間10時間12時間
充電時間3時間2時間3時間2.5時間3時間3時間2.5時間
通信Wi-Fi/2.4Ghz帯Bluetooth4.2BluetoothBluetooth 5.0BluetoothBluetooth5.0Bluetooth5.0
到達距離30m10m9m10m10m10m10m
本体重量335g約370g260g88g88g175g243g
防滴IPX4IPX4相当IPX5
システム音大きい大きい大きい大きい大きい

機能の違いを簡単解説

ネックスピーカーを選ぶにあたってポイントになる機能について、選定基準をご紹介します。

TVとの送受信

ネックスピーカーを購入したら絶対に使いたいのがTVですよね。

でも、TVと繫げるのは3機種だけですよという紹介もあり、「???」となってしまいますよね。

  • ソニー SRSWS1
  • JBL SOUNDGEAR
  • シャープ ANSS2

この3機種は、TVからネックスピーカーへ音声を飛ばしてくれる機器購入時に付属されているんです。

つまり、これ以外の機種でも、別売りのTVからネックスピーカーへ音声を飛ばしてくれる機器(Bluetoothオーディオトランスミッター)を購入して、TVに刺せば、同じことが実現できます

  • 通信範囲(10m)
  • 複数のネックスピーカーへ同時に同じ音を配信できるか
  • 音声品質を決めるコーデックの種類

この辺りを気にして探す必要がありますが、AnkerやTaoTronicsが有名で安心感があります。

Wi-FiとBluetooth

Wi-Fiとbluetoothの違いは、大きく分けてこんな感じです。

  • Wi-Fi:電波が超広い(数百メートル)、電波が安定高速通信、高消費電力
  • bluetooth:電波は狭い(10m前後)、通信は遅い、低消費電力

現在、Wi-Fiを使っているのはSonyのみです。

どのような利用シチュエーションを想定しているかでメリットが変わってきます。

Sonyは消費電力が高くても、高品質・高音質で、1人の贅沢な時間を作るコンセプトがあるため、安定した通信品質を求めてWi-Fiを採用、という感じです。

重量

軽量であればあるほど良い、といった考えもありますが、これも利用するシチュエーションによってメリットが変わります。

肩コリが酷い、ウォーキング中に利用したい、一日中つけっぱなしで家事をしたい、といった場合は軽量である必要性が高まります。

一方、首にピッタリはまるためにはある程度の重量があったほうがポジションが安定しますし、音声品質を保つためにはスピーカーが重くなります。

重すぎもせず、軽すぎもせず、ある程度の音質を求めたい

超軽量!でも音質はラジオ…では困りますよね。

2時間の映画を高音質で堪能したい!というのであれば、ある程度重量があったほうが良くなります。

軽量による弊害もありますので、シチュエーションにあった機種を選びましょう。

用途別オススメネックスピーカー

それではここから各社の特徴と、特徴を踏まえた使いたいシーン別にあった機種をご紹介します。

本格派(映画や音楽)

ソニー SRSWS1

ネックスピーカーの人気火付け役です。

価格も高いですが、音声品質も高く、低音も響き音に応じたバイブレーション機能はさながら映画館にいるような気分が味わえます。

Sonyなので製品品質も間違いがなく、万が一の時のサポートも安心です。

JBL SOUNDGEAR

超有名音響メーカです。そのため、音の広がり感がよく、TVでは感じられない音声品質です。

一方、音質が良いために重量がかなり重くなっています。

長時間使っていると首が疲れるという口コミも多いです。(300g超なので肩コリにはキツイ)

また、システム音(電源オンオフ等)の音が大きく、心臓に悪い一面もあります。

ボーズ SoundWear Companion speaker

音響メーカーの老舗なので、低音も響き、スピーカー自体の品質は高くなっています。

クラシックを聴くユーザーがチョイスしている製品です。

重量も300gを切り、重すぎないが音質重視というシチュエーションに合っています。

軽量重視(音質↓)

この両機種はEm-techからのOEMで、中身は同じものです(ベトナム製)。そのため、比較はできないので特徴をご紹介します。

シャープ ANSS2

メリットとしてはオン・オフボタンが分かりやすく、高齢者にも優しい作りになっています。他社にはない88gという超軽量も特徴です。

一方で、軽量にしたことによる弊害があり、音量不足の指摘が後を絶ちません。(テレビの音を最大にして、ネックスピーカーの音量も最大にしないと満足する音量にならない)

本格派に比べ、システム音(電池切れの警告など)が大きいというデメリットがあります。

中身がJVC SPA7WTBと同じなので、TVと繫げたい場合は、送受信機が同封されているANSS2がオススメです。

JVC SPA7WTB

ANSS2との違いはapt-Xコーデック対応やカラーの種類です。

ただ、TV接続も出来て、カラーも多く、しかもANSS2の方が安くなってきているので、この2機種で迷うのであればANSS2がオススメです。

バランス型

サンワサプライ 400-SP085

重量、価格ともに真ん中に位置付けています。音も可もなく不可もなく、超有名メーカーなので日本では安心できる製品になっています。

良くない点として、音量操作がしにくく、システム音(電池切れの警告など)が大きいというマイナス点もあります。

とりあえずどんなものか使ってみたい

中華系 Soundwear

中華系のネックスピーカーを購入してみたところ、非常にバランスのいい品質でした。

  • 高級系に比べ軽い
  • 軽量系に比べ音質充分
  • テレビの音を小さくして、ネックスピーカーの音量を大きくできる
  • 金額も4000円近く

ただ、筆者が使っているアンプ(DENON AVR-X2500H)やパナソニックテレビ(パナソニック VIERA TH-55FZ1000)にあるBLUETOOHには直接接続できませんでした

そのためテレビへ接続するBLUETOOHの送信機を別買いしたところ、きっちり音が出ました。(光ケーブルが同封されているのがオススメです)

テレビ側に光ケーブルを刺して、送信機のin側に光ケーブルを刺します。

テレビのUSBにも繋げておくと常に充電できているのでバッテリー切れの心配もありません。

音質ラジオ音ではなく、ブワァと迫力ある感じで聞こえるので大満足です(オーディオにこだわりはないのでご了承ください)。

チューナーがネックスピーカー本体とほぼ同額ですが、車でBLUETOOHのスピーカに繋げても良いですし、部屋でiPhoneをスピーカーに繋げても良いので、様々な用途で利用できます。

3度建てなければ、本当に気に入った家は建てられない…のか?

巷では「3度建てなければ、本当に気に入った家は建てられない」と言われています。

しかし実際は3度も建てることはできないですし、建てた住宅を売っても大きな利益にはならず、財産は減っていってしまいます。

だからこそ、「家は性能」を謳っている一条工務店を検討されていると思いますが、必ずしも快適な生活を送れるわけではありません。

なぜなら、一条工務店は家の性能に特化してしまっているが故に起きてしまっているのです。

例えば、住む人のことを考えてみると…

  • 梅雨にも除湿されて快適な空間で生活したい
  • 掃除が大変だから埃が積もらない巾木にしたい
  • 二世帯住宅で足音が気になるから、足音に配慮したい

こんな部分まで配慮はされていません。

設計でいうと…

  • 動線を活かした間取り設計
  • 全館冷房が可能な設計
  • 痒い所に手が届くコンセント配置
  • 設置場所次第で超便利な照明

あくまで施主の希望に沿って設計するだけなので、生活視点のアドバイスをしてくれるわけではありません。

外構でいうと…

  • 昇降しやすいポーチ階段の高さ
  • 外からの目線が気にならないフェンスの高さ
  • 害虫発生やコケが生えない外構設計

外構設計は一条工務店提携業者に丸投げで、とにかく普通に施工するだけ、工夫も何もない業者が多いコトもよくある話です。

家を建てるあなたの目的は?

このように、一条工務店の「家は性能」は、断熱性能はピカイチであるものの、性能に特化したことしか考えていません。

その性能を活かして快適な生活を送ることが施主の目的のはずです。

ただ、これらの知識は、家を建てるというプロセスの中で学べる事も多く、建築前の勉強には膨大な時間がかかります

勉強の時間が取れなくても学べるか?

その答えはYesです。

勉強した人にレクチャしてもらえばいいんです。

話を聞きたい方はこちら

※すでに一条工務店展示場に行って営業担当がついている場合、一条工務店を経由してお越しいただくための情報をお伝えします

ブログを読み漁るにはメチャクチャ時間がかかります。話を聞くほうが情報量がハンパないです。

おそらくブログを読んで学ぶには1か月かかりますが、知ってる人に教えてもらえば2~3時間で済みます。

費用は不要です。体力的につらくなったらやめるかもしれませんが、素敵な設計をするために、少しでも力になれればと思っています。

我が家の特徴

  • 東京都練馬区
  • 土地34坪
  • 3階建て
  • 全延床160㎡(親:60㎡、子100㎡)
  • 完全分離2世帯住宅

完全分離二世帯住宅や、一条工務店の三階建てを見てみたいときはこちら