一条工務店の進化系

ポーチ階段の最適な高さと施工時の注意点(一条工務店)

一条工務店で間取りの打ち合わせを終えると、ポーチの高さに決めていないことに気づきます。

基礎の高さがGL(グランドライン)より何センチ高いか、階段は何段か、ということは打ち合わせをしますが、我が家の場合、ポーチの階段の高さを聞かれることはありませんでした。

常識的に3等分の階段になると思いきや、注意しなければ「後悔ポイント」になる点がありましたので、ご紹介します。

一歩間違うと、高齢者には厳しい階段になってしまうため、それを配慮すると玄関の位置から(つまりは間取り全て)考え直さなければならなくなるため、設計前・設計中の方には是非ご覧いただきたいと思います。

ポーチ階段の最適な高さ(蹴上)

ポーチ階段を最適な高さを探すためには2つの指標があります。

  • 踏面:足を踏む面の長さ
  • 蹴上:階段一段あたりの高さ

蹴上だけ低ければ登りやすいわけではなく、蹴上と踏面のバランス(比率)が重要です。

実情ではなくルールでは以下の通りとなっています。

  • 建築基準法(室内)では、蹴上(1段ごとの高さ)23㎝以下・踏み面15㎝以上(参考:階段の幅は有効幅75㎝以上)
  • 国土交通省が2007年にまとめた「バリアフリー整備ガイドライン」では、駅舎の階段の寸法は、蹴上は16cm以下・踏面は30cm以上

しかし、理想では以下の通りとされています。

  • 蹴上×2+踏面=60cmになると良いとされている。
  • 多くの人が利用しやすく造られている公共施設などでは階段が緩やかに造られており、蹴上15cm・踏面30cmとなっている。(15cm×2=60cm)
  • (個人宅は敷地面積の問題から)蹴上は1段あたり18cm~20cm、踏み面が20cm~22cmが理想的。

・踏面 30cm以上
・蹴上 15cm以下

一方、理想論はわかったものの、実現不可能な状況の場合、どこまで妥協できるかというと以下が目安とされています。

最低条件

・踏面 27cm以上
・蹴上 18cm以下

一条工務店のタイルは33cmの正方形であるため、「3段ですよ~」と言われている場合、踏面は最低条件どころか理想をクリアしています。

あとは蹴上を15cm~18cmにできるかどうか、です。

悩ましいのが蹴上が19cm~21cmの場合です。(GLが50cmの場合、50cm÷3=16.6cmと、理想に近いですが、ポーチ部分が傾斜であったり、水害の予防対策で高い場合は要注意です。

我が家の問題点

我が家は玄関から道路までの距離が短く、ポーチ階段を3段設置すると道路ギリギリまで階段となります。

しかし、道路とポーチの間には縁石があり、GLは縁石のを指しています。このとき、縁石部分に段差スロープを設置すると、ある意味、階段が4段となり、一段あたりの蹴上が17.5cmと最適な高さになります。

しかし、この対応には大きな問題があります。ほぼ無法化となってしまっていますが、段差スロープの設置は道路交通法76条によって禁止されております。

段差解消ブロックに接触して転倒し、車にはねられた死亡事故では、段差解消ブロック設置者が道路交通法違反(道路での禁止行為)容疑で書類送検された事例があります。

正しい対策としては、道路交通法24条によって、歩道部分や縁石などの切り下げ工事を自費(個人負担)で行う必要があります(兵庫県 県土整備部土木局道路保全課資料参照)。

この縁石が、以下の通り、踏面の点から大きな問題となりました。事前に気が付いていたら玄関を狭くするのかどうかはわかりませんが、設計の段階でポーチを4段にする選択肢も考えられました。

結果、気づくのが遅れたため、図のように、縁石が邪魔になる失敗例となりました。

 

<正面から>      <横から>

スロープの検討

高齢になった際に車いすになることは、注文住宅を設計するうえで重要な想定です。

考え抜いた結果、手すりを使ってもポーチを登れない状態において、自宅で暮らすことは難しいと考えましたが、設計において「保険」が重要だと考えるコタローは、将来的にスロープを設置すればよいという判断をしました。

しかし、建築してみると、その保険は実現不可の想定でした。

我が家が将来的にスロープを設置すると想定していた場所はこちらです。

宅配ボックスは撤去すれば良いですが、どうにもならない配管があり、スロープを設置すると配管のメンテナンスができなくなってしまいます。

将来においてスロープを設置したい場合、その場所についても設計士に伝え、配管等の配置も配慮してもらう必要があります。

まとめ

理想的なポーチは、踏面と蹴上のバランス(踏面30cm~、蹴上15cm~18cm)です。

そして、縁石がある場合、縁石を含めてどのように施工されるか?を確認する必要があります。

住宅で最も利用する場所は玄関です。その階段の使い勝手が悪いと、住み心地への影響も大きいです。

注文住宅の設計は「間取り設計」に注目しがちです。そして間取り設計は、玄関の位置を変えられるのは設計初期段階までです。

玄関の配置は多くの要素を考慮しなければいけません

  • 方角
  • 動線(駐車場や表通り)
  • 他の住宅との兼ね合い

これらに「ポーチ階段」を加えましょう。そうすることで、問題点への対応ではなく理想的な住宅の建築につながると思います。

間取り設計時には「玄関のポーチ」をしっかり考慮し、皆様が納得いく設計ができることを願っております。