「事務職は将来性がない」って本当?事務として生き残る3つの方法を解説|kota blog
第2新卒・既卒

「事務職は将来性がない」って本当?事務として生き残る3つの方法を解説

事務職って将来性がないっていうけど、家族を養っていけるかな

夫が倒れた時に、事務職で家庭を支えられるかな…

こんな疑問にお答えします。

本記事では、将来も事務職で食べていけるか?将来性のある事務職の選び方について紹介しています。

事務職への就職・転職を迷っている方はぜひご一読ください。

本記事の信頼性

事務職に将来性はあるのか?

結論から言うと、事務職にも将来性のある仕事と将来性のない仕事があります。

一般的に事務職は、企業のIT化に伴い、人の代わりにシステムが働いてくれるので、特に事務職は淘汰されると言われています。

労働人口が減少する

IT化が進む

すでに求人が少ない

こんな理由から事務職は将来性がないと言われていますが、いくつかの条件を満たせば、将来的にも安定した仕事があります

もし今、将来性がない職場にいるのであれば、修正は早ければ早いほど安定に近づくので、放置は厳禁です。

具体的に紹介します。

将来性のある事務職

事務職の将来性は、下記の条件を満たすと安心・安定につながります。

業界を選ぶ

職種を選ぶ

ITを学ぶ(技術力は不要)

では一つずつ紹介します。

業界を選ぶ

安定した仕事に就きたい、将来性のある事務職に就きたいと思ったとき、勤める企業の利益・安定は非常に重要です。

いくら優秀な人材がいても、いくらホワイト企業であっても、利益率が低ければ、給料も低く、休日も少なくなります。

実は、利益率は業界によって大きく違います。(参照:業界動向)

トップ3参考
消費者金融(16.0%)教育(4.2%)
ソフトウエア(15.8%)建設(4.0%)
ネット証券(14.9%)飲食(-1.8%)

消費者金融は敷居が高いので、ソフトウエア業界を狙うのがオススメです。

ソフトウエア業界からさらに絞る

ソフトウエア業界は全体的に利益率がいいものの、さらにこれからニーズが続く分野は下記のとおりです。

クラウド事業者

ゲーム業界

セキュリティ業界

2つの共通項があります。

  • 無形価値(原価が低い)
  • ユーザーが増えれば収入は増えるが、コストは比例して増えない

つまり、利用者が増えれば増えるほど儲かるので、企業は安定し、給料も休日も充実していきます。

職種を選ぶ

事務職というと「一般事務」を思い浮かべるかもしれませんが、その職種は様々です。

年収・休日の安定している職種を狙いましょう

理由は、年収・休日が安定している職種は、企業のニーズがあるからです。

ニーズがあるから良い待遇をして、優秀な人材を確保しています。

事務職の中でも20代の年収ランキングは下記のとおりです。(参照:DODA)

職種20代30代
法務 437万円 571万円
財務 446万円 570万円
経理 388万円 511万円
人事 393万円 512万円
総務/庶務 365万円 459万円
広報/IR 374万円 483万円
貿易業務 372万円 449万円
物流業務 362万円 451万円
一般事務301万円342万円

興味と年収のバランスを見てターゲットを決めましょう。

本サイトでオススメしているのは人事職です。

理由は下記のとおりです。

資格不要

コミュニケーション力があれば活躍できる

広く浅く・狭く深くの両方のキャリアが可能

事務の中でも年収は高く安定

ITを学ぶ(技術力は不要)

企業のIT化によって事務職の将来性が見えにくくなっている中、将来を安定させるためには、システムを操作するスキルではなく、システムを活用するスキルが必須です

理由は大きく2点です。

複数のシステムを連携させるケースが多くなる

システムが止まらずに動き続けているかのチェックは必要

システム化は進みますが、企業独自のシステムを作るには費用が高いので、複数の外部システムを連携させて利用するケースが増えていきます。

そうすると、システムを見ている人はこんな行動が必要になります。

  • どのあたりで異常が発生しているのか
  • その異常を治せるのは誰なのか

ここでお伝えしたいのは、プログラムを書く能力や、サーバーを構築・運用できるスキルが必要なのではなく、システムの仕組み・概要を知り、技術者と会話できる能力が必要になるということです。

技術者は非常に論理的なので、日本語なのにうまく伝わらない・うまく理解できないこともあります。

これから先30年を見据えたとき、事務職の資産になるITスキルはプログラミングではなく、下記の点です。

ロジカルシンキング

問題解決力

全体設計力

本もいいのですが、用語が難しくて、わからないところで躓くと先に進めません。

プログラミングスクールは20~30万円かかりますが、転職の平均年収UPは50万円です。スクールにお金を払ってもすぐに回収できることがわかると思います。

こんなご時世なので、教室に通う選択肢はないかなと思うと、システム開発に必要なビジネスパーソンスキルも学べ、オンラインで完結するスクールが良いです。

オンライン説明会を動画で受けることができるので、まずは気軽に内容を確認してみてはいかがでしょうか。

事務職の将来性はスキル×ニーズで決まる

世の中は不公平です。スキルだけでは将来性を安心できません。

業界・職種・ITスキルによって、将来性は全く変わってきます。

将来性はスキル×ニーズで決まる

スキルだけあってもニーズがなければ将来性は無いですし、ニーズがあってもスキルがなければ安定しません。

スキル(事務・IT)×ニーズ(業界・職種)を絞ることによって、将来性のあるキャリアを築いていきましょう。

事務職は将来性がないって本当?【結論:スキルさえあれば絶対にニーズがあります】 こんな疑問にお答えします。 本記事の内容 事務職の将来性を晒す 事務職で必要なスキルを晒す 今後の事...