一条工務店の進化系

1人でDIYできる?テレビの壁掛け★最適な高さは何cm?(一条工務店)

テレビを壁掛けにしたいけれど、どのくらいの高さにすればいいんだろう

設置を業者に頼むと高いよね…自分で設置できるかな

そんな疑問にお答えします。

テレビを壁掛けにすると部屋がスッキリするだけでなく、地震の転倒のリスクも減らせることから、ぜひオススメなのですが、間違って穴をあけられないという緊張感から、非常にハードルが上がると思います。

本記事では壁掛けテレビの最適な高さについてご紹介します。

本記事で分かること

  • 一条工務店のテレビボードの寸法
  • 壁掛け取付位置
  • 施工時に注意する点

テレビの最適な高さは?

ずばり、一般的にテレビの壁掛けの高さは、床からテレビの中心までが「100cm」が基準となります。なぜかというと、この高さがどんな状態から見ても対応できる高さだからです。

テレビを見るシチュエーションは色々なパターンがあります。

  • 床に座って見る
  • 床に寝転がって見る
  • ソファーに座って見る
  • ソファーで寝転がって見る
  • ダイニングで座って見る
  • キッチンで立って見る
  • ベットに横になって見る

一方で、テレビを見るときは、ソファーに座ったり、地べたに座ったり、時にはキッチンで作業をしながらニュースが目に入ることもあると思います。

そのため、テレビの高さは「床」・「ソファー」・「キッチン」から見える位置にテレビを配置したため、どの位置から見ても違和感のない高さにする必要があります。

姿勢による微調整

100cmを基準にして、立ったまま見る場合やソファーに座って見る場合は+10㎝、床に寝転がるなら‐10cmといったように微調整が必要です。

視聴距離による高さの調節

テレビの最適な視聴距離は、フルハイビジョンテレビの場合「画面の高さ×3倍」、4Kテレビの場合「画面の高さ×1.5倍」と言われています。

例えば55インチ(画面の高さは約70cm)なので、1m~2m離れるテレビを見るのがちょうど良い、ということになります。

設置できるテレビの大きさは?

我が家が設置したテレビはパナソニックの55インチ(有機EL)です。

テレビVIERA TH-55FZ950
大きさ55インチ
幅×高さ×奥行1,228×774×300mm
重量22.0kg(本体のみ)、27.5kg(スタンドを含んだ重さ)

これに対し、テレビの壁掛け金具は以下を選定しました。(誤ると適合しないケースが多々あるので、非常に慎重にお選びください)

  • TVセッターアドバンス  AR126Mサイズ(8.8kg)耐荷重30kg

テレビボードの特徴(一条工務店)

一条工務店のテレビボードのテレビ接地面の大きさは以下の通りです。

場所長さ
可動部分の高さ42cm
壁掛け面(高さ)117cm
壁掛け面(幅)166cm

壁掛け面の中央付近が開いていて、そこから下へ配線が通せます。下へ配線を通したらビデオボードにあるBlu-rayやAVアンプ等と繋げます。

結果的に我が家はBlu-ray置きの天板からテレビの壁掛け金具の一番下の部分(曲線なので、最も下の位置に来る部分を指しています)までが29㎝になるように設置しました。

準備

さて、ここまで寸法を測ってきましたが、実際にどの高さに壁掛け金具をつければよいでしょうか。配線を通す穴は塞がずに、ちょうど良い高さになるよう壁掛け金具を取り付けなければいけません。

光の角度が重要

まだ考慮しなければいけないのが照明です。壁掛けの最適な高さは、視聴位置(見る姿勢、テレビからの距離)だけでは決められません。実は、テレビボードの中には照明がなく、テレビ壁掛け接地面に影ができてしまうのです。

後付けで間接照明としてLEDを設置することも可能です。

通常、ダウンライトにした場合、テレビボードの収納があるため影ができます。

カップボートからダウンライトまでの距離を50センチとしたところ、テレビの壁掛け面に高さ22センチの影ができました。

この影がかからないようにするためには、テレビのサイズは60インチくらいにとどめておいたほうが良いように思えます。

結果、我が家で高さ94cm(フローリングからテレビの中心点までの高さ)としました。

まとめ(1人でDIYできる?)

1人では出来ません!!一人じゃ絶対無理です。まず、壁掛け金具が約9kgと、それだけで非常に重いです。いくら電動ドリルとはいえ、これを一人で支えながら固定するのは不可能だと思います(慣れている方ならできるかもしれませんが)

結局、筆者はテレビ壁掛けショップ本店から壁掛け金具を購入し、同時にせっちもいらいせっちもいらいしました。このショップは様々な面からかなりオススメです。

  • かなり金具の種類が多く、どんなテレビにも対応できる
  • DIYも推奨していて、非常に詳しく初心者向けに丁寧に解説してくれている
  • 購入とセットで設置を依頼できる

値段だけ見ると高額ですが、失敗リスクゼロで、1人ではできない作業(子育て中の家族にはキツイ)を短時間で対応してくれるのは、確実に値段以上の価値があります。

筆者宅には2名でお越しいただき、2か所対応してもらいました。照明からできる影をよけつつ、理由や説明などをしながら納得のいく高さに設置してくれて、HDDなども邪魔にならないように固定をしてくれるなど、丁寧な仕事をしてくれたのは非常に好感が持てました。

  • 壁掛けDIYは1人では無理
  • コタローは、床・ソファー・キッチンからテレビが見られるよう、床面からテレビの中心が94cmになるように設置

一条工務店の施主の中には一人でDIYできたという報告も多数ありますので、ぜひチャレンジも視野に入れつつ、電動ドライバーや専用ボルトを買わなければいけないのであれば、プロにお願いするのも一つの選択肢です。

mochiie(持ち家計画)

一生に一度の買い物だから、絶対に後悔したくない

日本には、たくさんの優秀な工務店があります

一生に一度の買い物なので、網羅的に検討したい!そんなときは一度の入力で、複数のハウスメーカー・工務店に資料請求が出来る「mochiie(持ち家計画)」がオススメです。

各地方の有力工務店や3階建てアフターケア工法など、様々な希望を入力することで、実現できる工務店を抽出してくれます。

住宅展示場に行って片っ端から見るよりも、非常に時間が効率的になります。「泉北ホーム」をはじめ、複数の高気密高断熱住宅もラインアップされています。

各施主の方が健康の次に実施したいことができる高気密高断熱住宅を建てられるハウスメーカーを探しましょう♪

家づくりで損しないために【持ち家計画】