一条工務店の進化系

【紹介特典あり】森のしずく「フロアコーティング」を徹底解説

フロアコーティングって必要?

森のしずくって良い?

施工した感想が知りたい

どのタイミングで見積をとればいいの?

割引制度を最大限使いたい

こんな疑問にお答えします。

フロアコーティングとは?

フロアコーティングは、フローリングとクッションフロアの両方のメリットがあります。

区分メリットデメリット
フロアコーティング高級感+水濡れに強い初期費用が掛かる
フローリング高級感がある水に弱い
フロアコーティング水に強いチープ

フローリングは10~15年、クッションフロアは約10年で張り替えが必要ですが、

フロアコーティングをすることで腐食などが防げるので、長持ちします(30年保証)。

フローリング専用の塗料を塗布し塗膜を形成することによりフローリング材をあらゆるダメージから守る塗膜の事をフロアコーティング、またはフロアコートと称します。(森のしずく)

フロアコーティングのメリット

フロアコーティングのメリットは以下のとおりです。

賃貸っぽくない(高級感)

水が浸み込まず、水垢・腐食に強い

乾燥によるひび割れが無い

滑りにくいので転倒しにくい

30年のトータルコストで見ると安い

フロアコーティングのデメリット

フロアコーティングにもデメリットがあります。

初期費用がかかる

30年使えるので、フローリングの張替で気分転換できない

物を落とした際の衝撃で傷はつく

実際に住んでみた感想は後述します。

森のしずくさんの特徴

筆者が選んだ「森のしずく」さんは、株式会社ゆはかのこが運営するフロアコーティングサービスです。

WEBページ(森のしずくさんHP)を見ていただければ、すべて載っていますが(雑)

その中でも特徴的なのは以下の3点です。

赤ちゃんでも安心

すべて自社施工で高品質維持

品質に自信があるからできる30年保証

一方で、扱っている商材(コーティング剤)が良くても、

営業や施工してくれる人の対応・態度が悪かったらすべて台無しですよね。

筆者はショールームに行って、根掘り葉掘り質問し、どのコーティングにするか悩みに悩みましたが、

本当にみなさん、丁寧に対応してくれます。

さらに当日施工してくれた人も話しやすかったのですが、それは我が家だけではなかったようです。

ちなみに施工当日はずっと家にいる必要はなく、

朝受け入れするときに、「〇時ころに終わるので、そのころ戻ってきてください~」と言われます。

他社と比較をしてみた

そうはいってもフロアコーティングも様々な種類があります。

メジャーな会社を比較してみました。

会社コーティング方法(保障)
株式会社COLOR(株式会社カラー)UV(30年)、ガラス・シリコン(20年)
森のしずく(株式会社ゆはかのこ)ガラス(新築・フローリング張替え後すぐは30年保証)
株式会社GOOD LIFE(グッドライフ)UV(30年)、ガラス・シリコン(20年)
エコプロコート(エコプロコート株式会社)UV(20年)
ハードプロテクト(ハードプロテクト株式会社)水性ウレタンコート(10年)

ちなみにコーティング方法の違いは以下のとおりです。

UVコーティング:鏡のごとくに光を跳ね返す、艶めく美しい仕上がり

ガラスコーティング:硬度が高く耐久性があり、光過ぎない

シリコンコーティング:柔軟性と密着性があり、滑りにくく歩きやすい

ウレタンコーティング:ワックスより厚みがあり(約10倍)、擦り傷に強い

で、結局どれが良いの?と検証した結果、

UVコーティングは反射によるギラツキが強く、ひび割れや密着不良を起こしやすいという欠点があり、

最強なのがガラスコーティングで、ガラスコーティングに最も力を入れているのが、「森のしずく」だったんです。

コーティングのナノピークスやナノガラスコート30のスペックについては、森のしずくの公式サイトを見てほしいですし、

実際に、いろんな会社のサービスと比べてもらったらいいと思うので

ここでは説明しませんが、すごいんですよ。

そもそもCM売っておらず、口コミだけ(本当の意味での品質)で売り上げを伸ばしてるんです。

キレイに施工しただけだと口コミは良くならないですからね。

営業も施工担当者も気持ち良い接客しないと、良い口コミは広がらないんです。

ツイッターを探してもネガティブな投稿が見つからないわけです。

フロアコーティング施工して3年経過して感じたこと

そんな感じで、筆者は森のしずくさんへ依頼したわけですが、

実際、施工してから3年経った筆者宅の状況をご紹介します。

ノンスリップ性が素晴らしい

フローリングをコーティングしない場合、メチャクチャ滑ります。

信じられないほど滑るので、子どもだけでなく大人にとっても非常に危険です。

引き渡しを受けてテンションマックスになった筆者(施主)が、大転倒の第一号でした。

営業さんと妻は苦笑い…。。。

フローリングの傷は修理してもらえますが、私の心に傷は一生消えません。

水濡れに対するストレスがない

フロアコーティングの最大のメリットは水濡れに強いということです。

子どもがいると、洗面・トイレ周りは水が飛び散ります。

本当に、目を疑うほど、飛び散るんです。

でもフロアコーティングをしておけば、水がしみこまず、水垢にもならず、腐食もしないので、

子どもを不要に注意する必要もないです。

耐摩耗性はあるがモノの落下等によって傷はつく

ガラスコーティングは割れにくいといわれていますが、傷はつきます

コーティング自体が割れないので、浸み込んで腐食やカビにはならないのですが、

落下衝撃に対しては凹みますし、鋭利な部分は刺さります。

例えば以下は、水筒を落としたときについた傷です。

水筒の底の丸い部分の角が落ちたところです。

汚れがすぐに拭き取れる

フロアコーティングは汚れがすぐに取れるのは、掃除が凄く楽です。

食事が落ちたり、汚れに気づかないこともありますが、濡れティッシュでひと拭きです。

汚れたときに掃除するだけでなく、

汚れたときに気づかず汚れが乾いて固まってしまったときも掃除が楽です。

施工にかかった費用

我が家は完全分離型の二世帯住宅で、床面積が160㎡です。

基本全て(キッチン・風呂・洗面・玄関タイル)込々で、約51万円でした。

完全分離型二世帯 160㎡ コミコミで51万円

設計時からフローリングとクッションフロアの良いトコどりをしようと予算に組み込んでおきましょう。

見積もりを取るタイミング

依頼は入居予定日の約半年前を目安にしましょう。

引渡直後に施工できると、そのあと、入居前までの作業に時間が取れます。

  • インターネット環境の構築
  • フィルター類の設置
  • テレビの壁掛け金具施工

等々

我が家のスケジュールをご紹介します。

動き日付
ショールーム見学2017年9月
見積依頼2018年1月中旬
依頼2018年2月下旬
引き渡し日直後2018年9月

森のしずくさんは全て自社施工なので、施工量に限界があります

施工日に近づくにつれて、希望日がどんどん埋まっていくので、約半年前を目安に決定できるように動きましょう。

ただ、ここのところメッチャ混んでて、ショールームも2か月待ちだそうです。

割引制度の活用

森のしずくさんには様々な割引制度がありますが、その中に紹介割があります。

既に施工した人から紹介を受けた場合、5%(約20,000円)の割引が受けられます。

紹介割:紹介者の名前を入力するだけで5%割引

…アヤシイ…と思うかもしれませんが、実際の仕組みを知ると怪しくないことが分かります。

森のしずくはCM(広告料)を使わず、口コミ(サービスの良さ)で売っているので、この割引は「広告料」なんです。

さらに、紹介者にも特典があります。ある意味、ビジネスライクなので、割り切って、受けられる特典は受けた方がオトクです

ちなみに安心してください。リアルな友人でなくてもOKです。

私も紹介しますので、もし5%の割引を受けたい、という場合は、お問い合わせからご連絡ください♪

5%割を受けたい人は、こちらからご連絡いただければ紹介いたします♬

本当に見積時に名前を入力するだけで、特に関係性を聞かれることはないですし、

森のしずくさんから筆者のところに連絡が来るわけでもないので、使わない選択肢はなさそうです。

子どもがいる家庭は、特におすすめ!

僕はあまり「言い切ること」をしません。

というのもそれぞれのサービスや商品には「良さ」があるからです。

もちろん他社のコーティングにも、それぞれの良さがあるのはあります。

ただ、とりあえず我が家は森のしずくに施工してもらって「大正解」でした。

  • 滑らない
  • 腐らない
  • 掃除しやすい

生活をしていれば床に傷はつきます。でも、30年保証なんです。

床が傷つかないように生活したり、子どもに注意するのは苦痛です。

いつでも直してもらえる気持ちの余裕は超ありがたいです。