一条工務店の進化系

一条工務店のi-smartに1年住んだ感想(満足&後悔)

一条工務店の住み心地、本音はどうなんだろう?

そんな疑問にお答えします。

本記事で分かること

  • 一条工務店のカタログ値と実際住んでみた実感の差
  • 設計段階で対処できる問題
  • 設計段階で分かっていても対処できない問題

家づくりの結果採点

一生に一度の家づくりを設計後、住んでみた感想は80点でした!!

考え尽くした設計、こだわり抜いたオプションにおいて、後悔ポイント(事前に勉強していれば回避できた設計)は、わずかであり、この点においては十分満足しています。一方で、一条工務店との契約時には知らなかったことのうち、以下の2点については後悔ポイントとなっております。

  • 設計の時点で気づいてどうにかしようとしたが、一条工務店の稟議が通らず実現できなかったこと
  • 入居後に分かった機能不足

思い返せば入居から1年。この「一条工務店で家を建てようと思ったときには知らなかった機能」については、1年間(四季)を通して住んでみないとわからないことでしたので、ぜひご紹介していきたいと思います。

後悔ポイント(筆者の設計ミス)

洗面台

妻が一条工務店を気に入った1つのポイントは、標準価格に含まれる大きなリュクスドレッサーと言われる洗面台でした。大きな三面鏡に加え、サイドの収納は非常に魅力的に作られており、わざわざ標準から外すまでの勇気がなかったというのが結論です。

我が家は照明や水栓、フロアを跨ぐインターネット接続についても自動水栓・自動照明にこだわったため、非常に快適な生活が送れていますが、リュクスドレッサーに自動水栓は設定できません

外から帰ってきた汚れた手を洗う時に、汚れた手で水栓の上げ下げをしなければならないため、洗面台の水栓こそ自動にすべきだったのです!!衛生面的にも良くないことに加え、水栓の立ち上がり部分にも水滴がつき、将来的には水垢にもつながります。

加えて非常にスタイリッシュなサイド収納も、ラックとドアの干渉問題を抱えています。ラックを奥に押し切らないでドアを閉めようとするとドアの内側が傷つくかラックが曲がります

結論:筆者のオススメは「L.C.(エルシィ)」推し。サイド収納はSQC-30D(クローゼット)が万能

キッチン

子育て世帯を中心に、キッチンは、広さが許すのであればワイドカウンター1択だと思います。

我が家もワイドカウンター+アイランド型にしたことで、キッチン周りは非常に使いやすいのですが、少しばかりケチってしまったことで後悔してしまったのは「水栓」です。

タッチレス水栓の裏オプション「LIXILナビッシュB7タイプ 型番SF-NB471SXU」を選択しましたが、「LIXILナビッシュA9タイプ 型番SF-NA491S」を選択すべきでした。

大きな違いは、「自動センサー(ナビッシュハンズフリー)」機能(蛇口の下に手を入れるとセンサーで吐水するかどうか)です。

手を上にかざすのが面倒なだけでなく水が滴ること、母は、なんとタッチレスの部分にタッチします。

もしこれが10年後に壊れたら蛇口の下に手を入れると水が出るようにしたいです。

照明

照明については様々な動線を想定し、自動照明を随所に利用しました。

  1. 帰宅すると玄関照明が点灯
  2. 玄関に入ると土間の照明が点灯
  3. 階段を上る前に階段の照明が点灯
  4. 階段を登りきるとLDK入り口付近の照明が点灯

加えて就寝動線として、LDKから出る場所でLDK全体の照明を消灯でき、その場(3階へ向かう場所)で自動照明が点灯し、階段を登りきったところも夜間は間接照明になるよう設定しました。

では何を失敗したかというと、キッチンの照明です。

パナソニックの提唱している「あかりだまり」を作ろうと、キッチン・ダイニング・LDKの3つにゾーニングし、メリハリをつけて照明を設置し、リビングライコン(NQ28752)でスイッチをまとめました。

あかりだまりは意図したとおりになりましたが、生活してみると、子どもがあかりだまりの切れ目で本を読んでいることもあり、視力悪化を危惧しています。

入居後の生活の変化に対応できるよう、照明用ダクトレールを設置し、ライティングバー用スポットライトを後付けできるようにするべきでした。

下で紹介しますが、子どもの成長に伴い、様々な対応ができるようリビング学習机を固定しなかったように、照明にも生活の変化に対応できるよう柔軟性を持たせるべきでした。

KOIZUMI♪コイズミ照明 ダクトレール用LED60W相当調光タイプ昼白色スポットライトAS38292L

後悔ポイント(稟議却下)

一条工務店の家は気密性が高いため、外と中の音が聞こえないと思っている人も多いです。

  • 外からの音は聞こえにくく、中の音も外に漏れにくい
  • 家の中の音はかなり響く

といった印象があると思います。

しかし、実際はというと…

音の方向声・テレビ足音などの重低音や雨の音
家の音⇒外大音量でなければ、ほぼ聞こえない子どもの暴れるドシドシ音は超聞こえる
外の音⇒家子どもの通学の声や救急車の音は聞こえる雨は風が強くて窓にあたるときは音が聞こえる
2階⇔1階★間取りの工夫でホームシアターの大音量もほぼ聞こえないが、話していることは分かる。子どもの暴れるドシドシ音は超聞こえる

(★)実は、階段を通って伝わるテレビ音は、間取りの工夫によって対策が可能で、かなり軽減されますが、上下階を繋ぐ配管を通す穴から漏れる声は、人が話していることが分かるが、内容までは聞き取れないというレベルです。

私は施工時に気になっていたのですが「きっと後で埋めるんだろう」と思っていたら、埋めていなかったという罠です。言って対策をしてもらえるものかわかりませんが、監督に相談してみるのも手かもしれません。

後悔ポイント(一条工務店の能力不足)

開き窓

ブログの情報をまとめると、開き窓=気密性が高いと思っていないでしょうか?筆者はその一人で開き窓を無理して多用しました。

一条工務店の開き窓の構造は、パッキンがペラペラで、気密性が高いわけではないことが分かりました。加えて結露が発生しやすく、その結果、カビが発生しやすい構造となっていて、かなり問題を抱えていることが分かりました。

しかし、監督も窓業者もイチユーザーの意見は汲み取ってもらえておりません。今後、開き窓を多用する被害者が減るよう願っています

夏型結露

初めての夏を過ごしたからこそ気づけた点です。

全館冷房(全館除湿)をする際、一条工務店の家はすぐに冷えてしまいエアコンが止まってしまうので除湿が進まないという現象になりやすいです。それを防ぐために「最弱風量」「設定温度23℃の冷房」にするわけですが、設定温度23℃で除湿された水は非常に冷たいのです。

それがドレン管(塩ビ管)を通じて外に排出する際、室内を通るドレン管(塩ビ管)が結露する、といった現象が発生しました。

監督からは「設定温度23度の冷房が悪い」と指摘を受けましたが、どうやって除湿を継続するのか?という問題点の解決方法は示されませんでした。

酷いときにはエアコンから壁に入る配管から、滴るほどの結露が発生し、基礎を通っている塩ビ管は、基礎がビチャビチャになるほどの結露が確認できました。

基礎にもぐり塩ビ管に断熱材を巻きましたが、断熱材の上から結露するほどでしたので、現状、これ以上の対策ができておりません。

ロスガード

ロスガードについては、一条工務店としては嘘を言っていないかもしれませんがユーザーの認識とは大きく違うと思います。結論、ロスガードの機能は「熱交換」であって「空気清浄」ではない!!ということです。

ロスガードのフィルタ性能が低さのレベルがヤバい

ロスガードの通常フィルタで、別途購入したPM2.5対応のフィルタをSAに設置してみると、1カ月で真っ黒です。

ロスガードのPM2.5対応フィルタに、別途購入したPM2.5対応フィルタを付けてみると、1カ月でグレーになります。

この空気清浄レベルは営業も監督も把握していません。両者とも本気で「故障」や「施工時の汚れが残っている」と思っていましたが、1年経ち、何度フィルムを交換しても真っ黒になるということは、これがロスガードのフィルタ性能だと考えられます。

もしロスガードで大気汚染対策をしたいと考えられている場合は、ハウスメーカーの検討からやり直す必要があります。

情報ボックス

インターネットの配線を綺麗にまとめようと導入しましたが、確実に大きさが足りません。はっきり言って、各部屋に繋げている有線LANをまとめるhubを入れただけで一杯です。光電話のTAもルータも、共有HDDも入りません。

これについては別途記事を作成予定です。ラダーラックを活用しています。

外構

詳しくは一条工務店ではなく外構業者なのですが、オシャレにしない外構なので工夫は必要ない、と思っていると痛い目に遭います

外構の成功のカギは水はけ対策

特に誰も通らないような家の裏側の水はけを工夫しないと、1年で害虫やコケが生えています。これについては十分な調査が足りませんでしたが、現在、出来る工夫を思いつき、施工予定です。

カタログ値通りだった機能

浴室

蓋をしておけば冷めないというカタログ値は本当で、19時あたりに子どもが入浴した後、22時とかに筆者が帰宅しても暖かいお湯が残っています。

加えて、転居前は「カビ対策」として浴室の窓が開けられており、極寒の中、スッポンポンで震えながら入力していましたが、浴室にも床暖房があることも嬉しいところです。

一方、一条工務店の浴室だからといっても、普通にカビは生えます。「浴室のカビ」と「換気扇のカビ」です。

我が家は脱衣所にコンセントを用意し、浴室の湿気はサーキュレーターでLDKの加湿に利用し、換気扇は利用しないためにピッカピカです(使っていないので当然)

浴室のカビ超簡単効果抜群裏技によって、軽く拭くだけでカビ菌を全て排除しております。

一方、我が家は換気扇を使わずサーキュレーターで浴室を乾燥しているため、換気扇は入居1年経って1度も掃除していませんが、ピカピカです。

床暖房

今まで床暖房での生活は未経験だったため、どこまで快適かは想像の域でしたが、実際に住んでみると、とにかく体に負担がないです。冬、あれだけ辛かった朝が、目が覚めてからパッと動き出せるのです。

何よりも確実に効果があったのは透析患者であり逆流性食道炎の母の体調です。

床暖房を適温にしてからというもの、嘔吐反応が劇的に減り、楽しみであるドラマを見る時間も増え、余生を楽しめているように思えます。春先、床暖房をケチった設定にしたところ、嘔吐反応が出てきたため、これは確実に床暖房の影響で体調が悪くなっていないんだと確信しました。

しかし床暖房の設定は工夫が必要です。

一条工務店がカタログでも宣伝している通り、各部屋の温度差があると「寒く感じる」ため、確実に冷えやすい玄関やトイレの床暖房エリアを切り離し、そのエリアの設定温度を高くする必要があります。

我が家もこの理論に則って、床暖房エリアを切り離し、高い設定温度にしているつもりですが、それでも少し寒さを感じます。もしLDKと同じ系統にしてしまったら…と思うとゾッとします。

工夫した結果、満足できた点

壁紙の工夫

当然ですが、思った以上に子どもたちは汚します。さすがに壁に直接マジックで書く…なんてことはないため、惨劇はありませんが、泥だらけの状態で帰って来ることもしばしば。

壁紙は汚れるのですが、奮発した汚れ対策の壁紙は、簡単に綺麗に汚れが落ちます。地味ですが、一条工務店のオプション・ベストバイノミネートされております(笑)

フロアコーティング

せっかくの新築なので、あまり傷つけたくない…でも子どもを委縮させて遊ばせるのも違う…といったところから、フロアコーディング(森のしずく)と遊び場のセッティングを実施しました。

月並みですが、遊び場には床暖対応のフロアマットを敷き詰め、気兼ねなくが遊べるようにしました。その結果…

1年が経ったにもかかわらず、また、遊び盛りの7歳(男)と3歳(男)が毎日騒ぎ立てているにもかかわらず、のフローリングに大きな傷は…どこだろう…という程度です。唯一、引っ越し前に家具を組み立てていた時に筆者がつけた傷くらいでしょうか…)

もちろんフロアマットは惨劇です。

これがフローリングについていたとすると、悲しすぎますが、事前に想定・対策したことによって回避できております。汚れも激落ちくんで軽く落ちてくれるのも嬉しい点です。

生活動線

一条工務店の営業、設計士を頼りにしてはいけない、という噂は本当です。難しいところなのですが、振り返ってみると一部、凄くイイ提案をしていただいていたこともありますが、全体として「古い間違った常識」に囚われた提案が多かったように思えます。全館冷房の否定や音対策の否定は、知識不足を露呈していたと思います。

そんな中、自ら選んだ2つの設計は正解だったと思います。

アイランド型キッチン

古アパートや対面式キッチンの経験があった筆者が強く感じるのは、本気でアイランド型キッチンにして良かったです。特に、LDKから冷蔵庫への動線がお気に入りです。対面式キッチンにおいても応用できる(キッチンの入り口側に冷蔵庫設置)と思います。

LDKに後付け子ども机

子どもが帰ってきたときに顔が見れて、小学生であればランドセルを置けるホールを設置、リビングの一角に学習机を置くことで、すぐに宿題ができる動線は作ってよかったと思います。

実は向きも、キッチンに対し垂直(対面でも背面でもない)ということにこだわって配置しております。正面だと直ぐに声をかけてしまう、背面だと何を見られているかソワソワする、横向きの距離感がちょうど良い、というわけです。

我が家は学習に集中するというコンセプトで、机の場所向きだけでなく、机の角度にもこだわって、傾斜台を作ったり、リビング本棚を設置したりしています。

この動線は、ピアノのの習い事を始めた息子のためにピアノを置いたり、成長したら大人の趣味ができる長机が置いたり、と「固定家具」を置かないことで変わる生活スタイルに適用できる設計になったと思います。

カップボード

噂通り、収納力が凄いです。各引き出しの高さが浅いので、「本当に入るの?」と思っていましたが、なんと、小さいとはいえ転居前に使っていた食器棚1つ分が1つの引き出しに入りました。

妻は今まで買いたかった食器を我慢していたようで、カップボードが大きいことは満足感へと直結しているようです。当然まだまだ空きがあります。

テレビボード

非常に高いオプションでしたが、施主支給をしようと選定してみると同等の金額になることが分かり、選定しました。転居前は非常に荷物が多く、リビングのいくつかに点在していたものが、本当にテレビボードに収まりました。

この収納力も噂に違わず本当です。疑ってすみませんでした(;´・ω・)

  • 筆者個人の雑貨(財布やカード、DVDや手袋など)
  • パソコン系
  • ビデオ、デジカメ、OAケーブル、充電機材系
  • 工具系
  • 一条工務店資料(契約書、各種カタログやマニュアル等)
  • 家族のアルバムや写真
  • 電池やHDD、USB
  • ゲーム機(wii、switch)
  • AVアンプ、ブルーレイレコーダー

まだ収納に余裕があるのは心の余裕にもなります。地震があった時にロックがかかるのも、地味に嬉しいポイントです。

ウォークインクローゼットが書斎になる

実は全く想定していなかったのですが、勤め先でも感染症拡大防止対策に在宅勤務(リモート勤務・テレワーク)が原則になりましたが、腰高の棚が超便利です。

リモートワークしていると姿勢が固まるので、立ったり、脚立に座ったりと姿勢を変えながら籠って作業をしています。子どもたちがいても独立して作業できるのは使い勝手が良いです。棚板の高さは、身長によっても適切な高さが違うので、事前にあなたのベスト腰高を調べましょう。

身長165㎝の筆者にとって、下の棚板H1,000は若干低いのでH1,100~H1,200が良かったです。

設計時に書斎は作れなかったな…と残念だった筆者が、思いもよらず書斎を手に入れることができました。

  • 2段のウォークインクローゼット
  • コンセントを4つ角に設置

恥ずかしいですが、利用しているそのままをお伝えしようと写真を公開してみます。

まとめ

結果的に、大満足している反面、家づくりで学んだことによって、「他のメーカーで家を建てればよかった」ということをわかってしまったのも、一つの後悔ポイントであるとは思います。

関東では「スタイルワン」、関西では「泉北ホーム」の2択だと思っています

一方で、母の病気が改善したことや、筆者にとっても冬の朝や風呂が辛くなくなったことは「健康住宅」としては十分な環境だと思います。

あまり勉強せずとも十分な性能が確実に手に入るというのは本当で、一条工務店はおすすめです。

しかし、一つ凝りだすと深く知りたくなってしまう場合、間取りの問題だけでなく、家の裏の構造部分で手が出せないのは「カユイところに手が届かない」ハウスメーカーでもありますが、その域に行くまでにはかなりの勉強が必要になると思います。

現に筆者もハウスメーカーの営業さんや電気屋さん、水道屋さん、外構屋さんと話すと「業界の方ですか?(汗)」と言われるくらい勉強しました(本業は人事・総務・経理)。

ぜひ皆様が納得のいくハウスメーカーを選ばれることを願っています。

mochiie(持ち家計画)

一生に一度の買い物だから、絶対に後悔したくない

日本には、たくさんの優秀な工務店があります

一生に一度の買い物なので、網羅的に検討したい!そんなときは一度の入力で、複数のハウスメーカー・工務店に資料請求が出来る「mochiie(持ち家計画)」がオススメです。

各地方の有力工務店や3階建てアフターケア工法など、様々な希望を入力することで、実現できる工務店を抽出してくれます。

住宅展示場に行って片っ端から見るよりも、非常に時間が効率的になります。「泉北ホーム」をはじめ、複数の高気密高断熱住宅もラインアップされています。

各施主の方が健康の次に実施したいことができる高気密高断熱住宅を建てられるハウスメーカーを探しましょう♪

家づくりで損しないために【持ち家計画】